すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

太陽系の惑星」 みんなの声

太陽系の惑星 作:フランクリン・M・ブランリー
絵:ケビン・オマリー
訳:神鳥統夫
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2005年
ISBN:9784338194037
評価スコア 3.5
評価ランキング 33,413
みんなの声 総数 3
「太陽系の惑星」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 惑星について学び、語れる一冊!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、女の子5歳

    惑星がマイブームになっている5歳の娘と読みました。

    最近肉眼で確認できる火星、しましま木星、
    輪っかがお気に入りの土星!

    だけでなく、

    太陽から近い水星、金星はとーっても熱いこと、
    冥王星は絵本には載っているけど今は惑星からはずされてしまったこと、
    などなど、いろいろなことを学べた一冊。

    娘は特に冥王星が気になるようで、

    かわいそう、惑星からはずされてかわいそう、
    ちいさくてきれいでかわいいのにね、
    と ずーっと連発していました。

    ところで今ははずされてしまった冥王星ですが、
    海王星よりも太陽に近い時期があったとのことで、
    1979年から1999年、ちょうど私が現役で「水・金・地・火・木」を
    覚えたころは、「土・天・冥・海」だったことを教えると、
    これには9歳息子もとっても興味深そうでした。

    親子三人で惑星についていろいろ語れた楽しい一冊でした。

    掲載日:2016/07/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冥王星の記述が多すぎる。

    「宇宙たんけんたい」は、6歳の息子が大好きなシリーズです。
    小学校低学年の子が宇宙を理解するのに、とてもよい本です。
    文字量も適当で、わかりやすく書かれています。

    で、この本なのですが。
    冥王星は、2006年に惑星の基準に当たらないとして、
    惑星から外れたわけですが、
    それ以前に出版された本です。
    「冥王星は今は惑星じゃないんだよー」
    と解説してあげればいいだけなのですが、
    なんせ、冥王星の記述が多すぎるのです。
    ここまで冥王星を説明しなくともというくらい、
    繰り返し繰り返し登場するので、
    ちょっと気になります。
    改訂版が出版されればぜひ購入したいです。

    掲載日:2016/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 土星を見てみたい

    太陽系の惑星は金星と火星ぐらいしか見たことがありません。木星や土星も天体望遠鏡がなくても見えるということに、びっくりしました。子供が、夜空にキラキラ輝く星を見て「あれが土星?」とか「木星?」とか聞いてきます。私もよくわからないので困ってしまいます。天体はあまりに大きくて数字を見ただけではなかなかイメージがわきせん。でもこの絵本では、楽しい絵でとてもわかりやすく、惑星の大きさや距離を説明してくれているので、子供でも見ただけで理解できます。太陽系モビールの作り方がくわしく書かれているので、子供の夏休みの自由研究にしようと思います。今度、家族で星空観測会に参加して、土星を見てみようと話しています。宇宙への興味がふくらむ絵本です。

    掲載日:2007/07/31

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • こねこのチョコレート
    こねこのチョコレート
    作:B・K・ウィルソン 絵:大社 玲子 訳:小林 いづみ 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これは弟のプレゼント。おいしそう、でも食べちゃダメ、食べちゃダメ…。


お子さんと一緒に物語が楽しめる『音のでるえほん』

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット