あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
イカリサンカクさん 30代・ママ

いろいろな表現があった!
このお話は、赤ちゃんが生まれてくる家の…

「なぞなぞの好きな王さま」 みんなの声

なぞなぞの好きな王さま 作:マリア・ビクトリア・コセ
出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 1
「なぞなぞの好きな王さま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 痛快!知恵くらべ

    アルゼンチンの民話だそうです。なぞなぞ好きな王様は、町の見回りをしながら、娘たちになぞなぞをしますが、誰も答えられません。ところが、まずしい家の末娘はとても賢く王様のなぞなぞに答えたばかりか、王様をやりこめるようななぞなぞをします。

    とんちが利いていて、とても面白い話でした。とんちで権力者をやりこめるというのは、一休さんを彷彿とさせます。

    ただ、文章が小さくて長いので読み聞かせるには時間がかかります。長いストーリーを聞く集中力ができた5歳以降にオススメします。

    娘はその賢さを認められ王妃になります。どのような背景から生まれた話かはわかりませんが、賢さだけで出世した娘には、貧しい暮らしから抜け出したいという庶民の願いが込められていたのかもしれないと思いました。

    掲載日:2007/07/31

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2016年に発売された絵本で好きな絵本は?

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット