だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

はるちゃん トイレ」 みんなの声

はるちゃん トイレ 作:中川 ひろたか
絵:田中靖夫
出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2007年06月
ISBN:9784894235557
評価スコア 4.41
評価ランキング 8,531
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 子どもの気持ちがわかる

    トイレトレーニングでつまづいたときに読みました。
    ちゃんとトイレでできるようになっていたのに、園の遊びの時間になるとなぜかトイレに行けなくなっていた娘。本人もおもらしは嫌だと思っていたのになぜだろうと思っていました。
    そんなときにこの絵本を読んで、「あぁ、そうなのか」と何となく子どもの気持ちがわかったような気がしました。
    大人はつい自分の常識で見てしまうことがありますね。子どもには子どもなりの理由がある。でもそれをうまく大人に説明できないから行き違ってしまうわけで・・・。
    この絵本を読んで、トイレトレーニングを少しゆったりした気持ちで待てるようになりました。

    掲載日:2015/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • うちの子には遅かったです

    このお話ははるちゃんがトイレに行ってうんちとかをするお話だったのですが、字数も少ないのでうちの子には物足りなかったみたいです。トイレトレーニング始めたこのいる家庭とかにはとってもぴったりに一冊だと思います。

    掲載日:2013/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • トイレトレーニング中の孫です!

    5歳になってようやく、孫も浣腸から卒業(?)に向けて頑張っていま

    す。生まれて時から、腸を動かす為に、シャント不能にならない為に、

    孫は、朝、晩のニ回も浣腸の御世話になっていました。最近は、自力で

    うんちが出るのを待って浣腸も一日置きになったところです。丁度、い

    いタイミングでこの絵本に出会えたことが嬉しく思います。はるちゃん

    の表紙の絵がとても上手く描かれていると思いました。はるちゃんの気

    持ちは、子供ってこうなんだって忘れかけていた昔を思い出しました。

    孫のトイレトレーニングの役立つ絵本に出会えとても嬉しいです。

    ゆっくり、ゆっくりの孫ですが、長く長く気長に付き合っていきたいで

    す。

    掲載日:2012/07/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • サイン

    すなばであそんでいたはるちゃん。

    トイレにいきたくなったサインを出し、

    ママが声をかける。

    そっからトイレに行くまでの一連の流れがおもしろい。

    みてるこっちは早くいかないともれちゃうよ!!と

    思いますが、間に合います。

    公園のトイレではなく、家まで戻るところが

    ちょっと不思議さを感じました。

    掲載日:2012/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • うんち目線?

    トイレに行くのにさんざん寄り道して、
    ドーナツまで食べちゃうのがすごい!!
    わが子を見ているようでした(笑)

    「うんちバイバーイ」というシーンは よくありますが、
    うんちが流れていったあとにトイレをのぞき込む
    はるちゃんをトイレの中から見ている図が新鮮〜☆
    当時2歳の娘もそうだったらしく、しばらくごっこ遊びに
    なってました♪

    掲載日:2010/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろいトイレ絵本

    • くるりくまさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子8歳、女の子5歳、男の子2歳

    トイレトレーニング中の息子にぴったり・・・と思って図書館から借りてきました。
    トイレへ行くはずのはるちゃんが、まっすぐトイレに向かわず、いろいろなことをしてしまっているところ、子供ってこうなんだよ・・・うんうん・・と思わず頷いてしまいました。
    ドーナツ食べてるところなんか、「おいおい!」と突っ込みいれたくなります。
    子供は、「ウンウン」とか「シャシャシャ」など音で表現してある部分がおもしろいらしく、マネして言っています。

    掲載日:2009/07/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 同じ名前だったので

    少し前からトイレトレーニングをしている我が家のはるちゃんにぴったりだと思って読んであげました。
    もれちゃうもれちゃうといいながら笑っていました。
    はるちゃんの本は?って探したりしています。
    ウンチがトイレでなかなかできないのではるちゃんの本みたいにトイレでしようねって言ってあげています。

    掲載日:2009/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 語感がいいのか?子どもは夢中!

    満二歳になったばかりの子どもに読みました。
    大人としては
    「おぃおぃ!」と思いつつ
    先の展開が気になるのでどんどん読みますが・・・

    淡々とストーリーが進み
    特にヤマ場っぽいのもなく、
    もしかして子どもは退屈になるんじゃ・・・?

    なんて思いましたが、
    さすが中川さん!

    うちの子供は連続リピート読みを希望してきました。

    語感が気に入ったようで、
    その後自分でセリフをつぶやきながら読んでました。

    なんともいえない読後感ですが、
    トイレト本といっても力の入っていない感じが
    とてもいいと思いました。

    掲載日:2008/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙の絵

    表紙の絵がとても素敵だったのでこの絵本を選びました。知り合いの小学校1年生の女の子が書く絵にとても似ていて親近感が湧く絵でした。そして、お母さんの観察力は素晴らしいと思いました。子供が何も言わないのにもかかわらず、子供が何を欲しているかを見抜く力を持っているのだと感心しました。子供の力も素晴らしいなと思いました。本来なら淡々と済ましてしまうトイレでさえもこれほどまで楽しんで出来るとは!娘はまだ自分でトイレは出来ませんがこの主人公の様に早くできる日が来るといいなと思いました。

    掲載日:2008/06/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • トイレトレーニング中にもGOOD

    表紙のはるちゃんの顔!本当にムズムズ感が伝わってきます。
    トイレにたどりつくまで、「急いで急いで!」と読んでいるこちらが心配になります。

    娘のオムツがはずれていない2歳の時に読みました。
    なんかムズムズしてるなって感じたとき、「ほら、はるちゃんみたいにトイレに行ってみよう!」とトイレに誘うと「うん!」とやる気になってくれました。

    掲載日:2008/05/27

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.41)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット