おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

いろいろたまご」 みんなの声

いろいろたまご 作:山岡 ひかる
出版社:くもん出版
本体価格:\800+税
発行日:2007年06月
ISBN:9784774312330
評価スコア 4.44
評価ランキング 7,687
みんなの声 総数 60
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

60件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 卵料理

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子15歳

    『いろいろごはん』『いろいろじゃがいも』の姉妹本。
    今回は卵の変身です。
    そう、卵って、いろいろな調理法がありますし、子どもたちの好物が多いので、
    盛り上がりそうです。
    卵料理の魅力は、何といっても、あの、つるつる、ぷるるん感。
    独特のコラージュがそのあたりの感触を見事に表現していて、
    感動的ですらあります。
    上品な表情も程よいテイスト。
    幼稚園児以上くらいなら、クイズ式にしても大いに盛り上がるでしょうね。
    小さいお子さんなら、たっぷりの擬音で楽しんでほしいです。

    掲載日:2011/05/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 身近なモノと言葉のリズム

    本屋さんの「食欲の秋」コーナーにありました。

    「ごはん」と「たまご」がありまして、どちらとも単純な絵で、身近な素材を扱っている事もあり、小さい子から楽しめそうです。

    幼稚園児で、お料理に興味がある子は、おかあさんと一緒に作ってみるのもいいですよね!?

    言葉がリズミカルで、唱えながらお料理しちゃうかも。

    掲載日:2007/09/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 読んでいるとうれしくなるリズム

    このシリーズは、あっさりしてかわいい絵なのと、
    リズミカルな文章が印象的です。
    最初はやっぱりゆで卵。
    ぴかぴかつるーんとしたゆで卵、
    それから目玉焼き。
    あとは子供たちの好きな卵料理が続きます。
    これを読んだら、オムレツかな、卵ご飯かな、、。

    掲載日:2017/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいたまごたち

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    いろいろシリーズ、娘が大好きでした。たまごは子どもにとって身近だし、幅広い料理に使われるから、特に楽しめますね。顔もついてるし、リアルな絵ではないのですが、なぜかとてもおいしそうで、見るとごはんが食べたくなってしまう本です。娘は、卵たちが次は何に変身するのか、クイズ感覚でも楽しんでいましたよ。

    掲載日:2016/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • つるつるつるるん 言葉が楽しい絵本

    丸くて白い卵たちの何とも言えない表情が癒される絵本です。
    卵は小さな子でも親しみのある食べ物ですし、どんな料理になるか、想像がつきやすいのが良いです。
    初めに登場してくるゆでたまごがお湯につかっているシーンはまるで赤ちゃんが沐浴しているかのような気持ちよさそうな卵の表情が可愛いです。
    言葉の言い回しもぱっかんするるん、つるつるつるるんとかちゅるちゅるちゅるるんなどといった音が楽しいです。
    その音が何とも美味しい卵を連想させてくれます。

    短い絵本の中にたくさんの卵料理が出てくるので、何が食べたいかなど読んだ後も子どもと話が広がりそうです。

    掲載日:2016/09/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 卵はバリエーション豊富!

    このシリーズ美味しそうで可愛くて大好きです。
    今回は変幻自在のたまごがテーマ。小さい子どもも身近でよく食べるものなので興味がわきやすそうです。こうやって見ると、ほんとにいろいろな料理に変身できるんだなと改めて納得。読んだあとは卵をわって料理して食べたくなるから不思議です。
    素敵な絵本だと思います!

    掲載日:2016/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 卵卵卵!

    「たまごよたまご、なにになる?」
    というお決まりフレーズが呪文のようで楽しいですね。
    卵がボウルの中でとろんとしている絵や、お箸でしゃかしゃかしている絵もあって、卵好きの息子には良かったです。
    定番卵料理がいくつか出てきますが、卵スープはちょっとわかりにくかったかな?でも、和紙でふわふわ感が出ていましたよ。
    卵焼きは最後に絵だけ登場しましたが、これを作るところもあればよかったな〜と思いました。

    掲載日:2015/05/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ころころたまご

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、男の子2歳

    いろいろシリーズが大好きな2歳息子と読みました.
    いろんな卵料理が出てきて楽しい絵本です.
    初めて読むときは,次のページで何になるのかわくわくしながら読めました.たまごひとつひとつの顔が違うのもかわいらしいです.
    息子はそれほど卵が好きではないけど,擬音がいっぱいで耳で聞いても楽しめる絵本なので,「もういっかい」と何度も読んでとリクエストされました.

    掲載日:2015/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛い♪

    たまごたちがいろいろな料理になるお話。大人になると普通になってしまうけど、ひとつの丸い卵からこうしていろんな形に変化するというのは子供にとって不思議であり楽しく感じるのでしょうね。たまごの表情も可愛らしく、文もリズムがあるので息子も楽しそうでした。

    掲載日:2015/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美味しそう

    卵を割るのを見るのが好きな娘は絵本で卵が割れるのも好きみたいで、よくこの絵本を持ってきます。
    特に卵かけご飯のページでは「食べたいなー」といいながらにこにこ。
    擬音がいっぱいなので、小さなお子さんの大好きな絵本だと思います。

    掲載日:2015/02/20

    参考になりました
    感謝
    0

60件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



イギリス発・なかよし兄妹の絵本シリーズ

みんなの声(60人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット