ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

三びきのこぶた イギリスの昔話」 みんなの声

三びきのこぶた イギリスの昔話 作:(イギリス昔話)
絵:ポール・ガルドン
訳:晴海 耕平
出版社:童話館出版
本体価格:\1,300+税
発行日:1994年
ISBN:9784924938236
評価スコア 4.59
評価ランキング 3,733
みんなの声 総数 28
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

28件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 福音館とのちがい

    • どどさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    福音館もこちらの「3びきのこぶた」もどちらも、オリジナルに忠実なので、すきなのですが、どちらを購入しようか迷いました。

    もともと、子ども達は、今のかわいらしい「3びきのこぶた」が頭にインプットされているので、福音館も童話館のお話も「このブタ、悪いなあ!!」と衝撃的な結末です(笑)

    @福音館のブタの絵は、ほんと、悪そうです(笑)
    童話館は、そんなブタでも、まあ、かわいらしいです。

    Aお母さんがコブタたちを家から出すシーンも、「暮らしていけなくなったので、、、」という理由が、なんだかせつないのですが、
    福音館は淡々としたシーンで、
    童話館は、おかあさんとチビブタさんが涙を流した絵が描かれているので、なんだか、救われる・・・(笑)

    この2点の理由で、うちのロマンチストなムスコ君には、せめて、絵まで悪すぎるブタではなく、絵ぐらいは、かわいらしいブタのほうがよいだろう、、、と童話館の「3びきのこぶた」を選びました!!!

    掲載日:2013/08/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • イギリスの昔話

    よく知られている「さんびきの こぶた」のお話とは、違うところが多くありますので、ご注意を。

    まず、上二人の兄は、末っ子のレンガの家に逃げ込まず、オオカミに食べられてしまいます。
    そして、末っ子とオオカミの知恵比べのようなやりとりもあって、これは、年齢が上の子でも読み応えがありそうです。

    オオカミはコブタを食べ、最後に末っ子はオオカミを食べるという、残酷にも思える内容ですが、このような話を子供に隠すことなく書かれている点は、昔話らしいと思いました。

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 展開ごとに絵があるのが魅力!

    2歳8ヶ月の息子が、保育園で読んでもらったのか、「『さんびきのこぶた』読みたい」と言うので、図書館に借りに行きました。有名なお話で、何種類も絵本が見つかったので、読み比べてみようと福音館書店のとこちらを借りて来ました。

    息子は保育園で福音館のを読んでいるらしく、最初は馴染みのあるそちらばかりを読みたがってこちらは見たがらなかったのですが、一度読んだらすっかり気に入ったようで、以来、こちらばかり読むようになりました。絵はどちらも素晴らしいと感じるのですが、こちらの方がページが2倍あり(そのぶん小型です)、展開ごとに絵がちゃんとあるので分かりやすいのだと思います。例えば最初から見ていくと、お母さん豚と3匹の子豚たちが別れる場面、1番目のこぶたがわらをもらう場面、わらの家を建てる場面、狼が来る場面、吹き飛ばされてしまう場面・・・と細かに描かれています。それに対して福音館のものは、ここまでで2場面で、1番目のこぶたがわらをもらう場面と狼が吹き飛ばす場面だけです。また、最後の、狼を煮て殺した三番目の子豚が幸せにくらしたというくだりにもちゃんと絵があり、その直前が残酷なだけに、かなりほっとさせられます。

    話の内容ですが、私が子供の頃読んだ物は、後半の3匹目の子豚と狼の知恵比べはありませんでした。こんな続きがあったのかと驚きました。しかも、3匹の子豚は、偶然出会った人が持っていた物によって運命が変わったのですね(私が昔読んだ絵本では、それぞれが自らの意思で材料を選んだように描かれており、れんがでなかなか完成しない家を建てている末弟を他の2匹が馬鹿にしたりしていました)。今までずっと、こつこつ頑張った者が最後に勝ち残る話だと思っていたのに、びっくりです。生き残るには運や(悪?)知恵も必要だったんですね。(今更ながら納得!)

    掲載日:2011/01/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • 昔ばなしって、三番目が得をする。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子10歳

    結構、びっくりするストーリーでした。

    でも、ムースさんのナビの感想を読むと、この絵本はイギリスの昔話をあえてそのまま絵本の形にしたとか…。
    なるほど、昔話らしいなぁと、思いました。
    昔話って、わりと1人目、二人目はあっさり死んでしまって(悪者にやられちゃったりして)、
    三人目が悪ものを退治したり、三人目にいいことがあったりするようにできてるんですよね〜。
    この「三びきのこぶた」はまさにその通り!

    だけど、「一ばんめのこぶたを、たべてしまいました。」
    「二ばんめのこぶたを、たべてしまいました。」と、ものすごくあっさり表現されていて、ポール・ガルトンの画も、吹きどばされて目が点になっているこぶたさんが、妙に可愛かったりして、怖くも、恐ろしくもありませんでした。
    だから、小さいお子さんに読んであげても少しも心配することはないと思います。
    むしろ、ディズニー式の「三びきのこぶた」より、ストーリーの展開は面白い気がしました。
    幼稚園くらいのお子さんから、小学校低学年くらいのお子さんにぜひ、お薦めしたい作品です。

    掲載日:2010/03/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • 味わい深い!

    有名なお話である「さんびきのこぶた」,たくさんの絵本が出ているので読み比べてみると面白いです。
    こちらの「三びきのこぶた」はポールガルトンのイラストがとても素敵です!
    そしてお話もオオカミと末っ子ぶたの知恵くらべが面白く,最後の残酷さも私は納得でした。

    掲載日:2015/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • リアルに・・・

     三匹のこぶたのお話はあまりに有名で、どの出版社のものを選ぶのか迷うところだと思います。私も迷いました。しかし、いちも配本を頼んでいる童話館さんを信じてみました。
    配本されて、読んでみると・・・貧乏だから育てていけないとか、オオカミに食べられるとか、まあ、予想どうり結構リアルに描かれています。うちの子供はすこし怖がりながらも何回も読んでいたので気に入ったようです。たぶん幼稚園で読んでくれるさんびきのこぶたは、もっと平和的なみんなハッピーエンドなストーリーを先生は選ぶでしょうけど、敢えて違うストーリー展開のものを読ませて、子供自身がいろいろ考えてくれたらなっと思います。

    掲載日:2014/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さな本だけれど、分かりやすくて迫力も

    「3びきのこぶた」のお話はたくさん絵本になっていますが、その中でもお気に入りの1冊です。ちょっと残酷にも思えるイギリス昔話に忠実なストーリーですが、ポール・ガルドンの絵で見ると、怖さはあまり感じません。少し小さな目の本ですが、お話の1場面1場面が丁寧に描かれているので、分かりやすくて迫力もありました。
    3匹目のこぶたとオオカミが知恵比べする場面は、5歳の娘にはちょっと難しいかな?と思ったのですが、最後まで真剣に聞き入ってました。「オオカミをグツグツと煮てたべてしまいました」のところでは、大人にはちょっと残酷に感じてしまいますが、娘は「こぶたさん、くいしんぼう」とニコニコしていました。

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 知らない部分も・・・

    小さいときに大好きだった、三匹のこぶたの
    お話をあらためて読んでみようと思ったのが、
    この絵本を手に取った理由です!!
    前半部分はなんとなく、覚えていたまんま
    だったのですが、後半部分が全く知らない
    お話だったので、ちょっとびっくりしました!!
    いろんな出版社からこのお話はでているので、
    ぜひ読み比べをしてみたいなと感じました!!
    やっぱり昔話っていいですね♪

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんな話だったんだ!

    • きのぴいさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子5歳、男の子2歳

    私の知っている「3匹のこぶた」は、わらのおうちも、木のおうちも吹き飛ばされてしまうけれど、レンガのおうちに逃げて3匹とも助かるという話でした。

    けれど、この絵本のあらすじは、もっとシビア。
    2匹のこぶたは食べられてしまうし、レンガのおうちのこぶたも何度も知恵を絞ってようやく生き延びるといった話です。

    なんとなくハッピーエンドで終わってしまう絵本よりずっと素敵。
    現実的で、昔話はこうでなくちゃと思いました。

    この話がオリジナル?なんでしょうか。
    すっかり気に入ってしまい、何冊かある3匹のこぶたの絵本の中でもこの1冊を何度も読み聞かせしています。

    掲載日:2011/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ビックリ仰天

    「3びきのかわいいおおかみ」を読んで、気になり手にとりました。
    読んでみて、ビックリ仰天。
    自分の記憶の中の「こぶた」ではなかったのです。
    イギリスの昔話であるこの本では、ぶたの兄弟は順番におおかみに食べられてしまいます。
    最後のレンガの家では、ぶたがおおかみを食べてしまいます。
    しかも、そのあと幸せにくらしたそうな。

    息子はぶたが死なない話も、この話も知っていました。
    昔話はとても残酷な面があります。
    せめて、食べる場面が絵になっていないのが救い。
    幼い子には話ができない。
    それでソフトなお話が作られたのだろうか?

    「3びきのかわいいおおかみ」と一緒に読んでみてください。
    多分、現代の絵本では、これほど残酷な話は書けないのではないでしょうか。

    掲載日:2009/09/14

    参考になりました
    感謝
    0

28件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


2つの写真のまちがいをさがそう

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.59)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット