ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

ひよこのコンコンがとまらない」 みんなの声

ひよこのコンコンがとまらない 作・絵:ポール・ガルドン
訳:福本友美子
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2007年07月
ISBN:9784593504916
評価スコア 4.21
評価ランキング 15,645
みんなの声 総数 13
「ひよこのコンコンがとまらない」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 皆の協力で

    このお話は、ひよこの喉に食べ物が詰まってしまって、それをとるために必要な水をくむのにいろいろな人に協力をお願いするお話でした。一人にお願いしたら、また別のお願いをされ…この繰り返しでなかなか問題が解決する気配はなかったのですが最後にはちゃんと水を飲ませることができました。その長かった皇帝を聞いていたうちの子は、「やっとや〜!!」と言って安堵していました。

    掲載日:2016/03/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 昔話っぽくない

    日本の昔話ぽくないですね。
    いかにもヨーロッパっぽくて大好きです。
    コンコンが出るかだめって言ってるのにこどもは聞かずにしてしまいます。
    わかるなーと親目線で読んでました。
    コンコンがとまらないから、水を飲ませるために奮闘するのは
    人間だって一緒ですね。
    繰り返しがあり、面白く読みやすいです。

    掲載日:2013/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外な展開

    むかしむかし・・・で始まるこのお話。
    普通の民話だと思ってたら・・・??

    ヒヨコが喉に種を詰まらせたあたりから、話は変な方向に・・・!?
    詰まらせた種を取るために水が欲しいだけなのに、水を汲むためにコップが、
    コップをもらうために木を揺する人が、木を揺するためには靴が・・・。
    という具合に、関係あるようなないような事が、どんどん積み重なっていきます。
    ただ積みあがるだけではなく、ちゃんとお話になってるところが面白いです。
    『つみあげうた』というよりは、真面目な落語か漫才という感じでしょうか?

    意外な展開で、なかなか楽しめました!

    掲載日:2013/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • すっごく遠回り?!

    4歳の息子と読みました。
    ひよこのタッペンのコンコンをとめるために、
    めんどりのコッコさんが奔走するお話。

    小川にいき、かしの木に行き、ぼうやと交渉し、
    靴屋さんの所へ行き、牛のところへ行き・・・

    ものすごーく苦労して、最後にやっと
    タッペンのコンコンをとめるためのお水をゲットできました。

    気管支がちょっと弱くよく咳が出る4歳の息子は
    タッペンに親しみを感じたのか、
    気に入って何回も何回も読みました。

    掲載日:2011/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 泣けてきました

    こどもに読んであげている途中で、けなげなお母さんに泣けてきました。
    初めは、みんななんて意地悪なんだろうと思いました。みんなの要求通りにお母さんが一生懸命こどものために頼んだので、全部そろうとみんなが分けてくれたり、作ってくれたりして、ようやくコンコンのもとに水が届いてすごく安心しました。

    子どもの絵本として、とてもいい昔話だなと感動しました。

    もうすこし成長したら、何度も読み聞かせしてあげたいです。

    掲載日:2010/11/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 母の愛

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    大きな種を飲み込んで、コンコンが止まらなくなってしまったひよこのタッペン。
    お母さんのコッコさんは、飲ませる水を探しに出かけます。
    でもなかなか簡単にはもらえません。
    水をもらおうとしたら泉はコップを持ってこいと言うし、コップをもらおうとしたら樫の木は木をゆする人を連れてこいと言うし・・・。
    でも途中であきらめず、努力を続けるコッコさんは立派です。母の愛。
    一刻を争うかもしれない状況なのに、何とものんびりしているのが昔話らしく、たまにはこういう素朴なおはなしもいいなぁと思いました。

    掲載日:2010/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言葉の積み重ねが楽しい昔話

    言葉の積み重ねが楽しい昔話です。

    こういう型の昔話は各地にたくさんあると思いますが、「○○をしてくれたら○○してくれる」の「○」に入るものは、その土地柄お国柄で違うので、そこのところが興味深いと思いました。

    小人が出てくるのが、北欧らしいなあと思いました。

    それと、ちょっとドキドキしたのは、牛の皮がほしいというところ、牛の皮って生皮をはぐんだろうかと生々しいことを想像してましたが、その辺は違っていたのでよかったです。ただ昔話って怖いものもあるので、絵本化するにあたって生臭さは消したということだとまた話は違ってきますが。

    こういうお話は、やはり読んでみて楽しむのが一番いいと思います。

    言葉のリズム、絵はありますが、頭の中でもいろいろと描けそうだと思いました。

    掲載日:2010/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛らしいコップでした

     北欧に伝わるお話だそうです。
     雌鳥のコッコさん、ひよこのタッペンを連れて、森へ種を探しに。
     タッペンがおもわず大きな種を飲み込み、コンコンが止まりません。
     あわてた、コッコさんは泉へ水を求めて…。
     泉はコップがなければ、水をくめない。
     コップを求めて、樫の木へ。
     でも樫の木を揺すってくれる人がいなければ…。
     と、延々と続きます。
     
     積み上げ歌の形を取って、読み手をお話へ引き込みます。
     なにしろ、タッペンが大変なんですから、読んでて、『早く早く』って、思っちゃいます。
     牛のところで、なんの皮をもらうのかと考えました。
     こびとさんたちのところで、感激。
     なんていい人たちなんでしょう。
     
     お話がタッペンまで、もどるまで、全て解決しました。
     それにしても可愛らしいコップでした。
     「なんて、のんびりしてるんだ、靴ができるまで時間がかかりそう」と笑っていました。
     デンマークのお話の『ふとっちょねこ』を思い出しました。

    掲載日:2009/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 他の似た作品と一緒に読みたい作品

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    スカンジナビア半島の昔話の再話。

    めんどりのコッコさんが、ひよこのタッペンを連れて森に出かけるシーンから始まります。
    美味しい種を探すためなのですが、ひよこのタッペンが大きい種を飲み込もうとして、咳が止まらなくなってしまいます。
    それからが、お母さんの面目躍如。

    次から次へと頼んでいくのですが、この手のお話というのは、何処の国にもあるものだと思わずにはいられませんでした。
    日本昔話だと「わらしべ長者」、ロシア民話だと「おおきなかぶ」と同じような展開です。
    その頼みごとの最終者が、小人だったというところが、やはり北欧らしいところ。

    あまり知られていないお話ですが、この話の展開は子供に理解しやすいもので、もっと多く読まれて然るべき作品だと思います。
    文章量が多いので、年長組み辺りにオススメです。

    掲載日:2009/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • わらしべ長者+積み上げ歌

    表紙だけではどうにもこうにも持って来てくれず、しびれを切らした母が読み聞かせたら、途中笑いも出て、おもしろかったー!とのこと。
    わらしべ長者のような内容に、積み上げ歌の面白さもあって、この手の本ではお馴染みの、繰り返し部分をわざと息を切らして読んでみると喜んでいました。

    「もう、お母さんタイヘンやなぁ」と娘。
    私は「そうそう、いつの時代も、お母さんは子供のために必死やねんで」とニヤッと笑っておきました。

    掲載日:2009/04/08

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / てぶくろ / そらまめくんのベッド / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.21)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット