ねがえり ごろん ねがえり ごろん ねがえり ごろんの試し読みができます!
作: 斉藤 洋 絵: ミスミヨシコ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ねがえり、できたかな?

かわんたろ」 みんなの声

かわんたろ 作・絵:西小路修一
出版社:新風舎
本体価格:\1,400+税
発行日:2007年07月
ISBN:9784289008049
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,942
みんなの声 総数 2
「かわんたろ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 文が少なくセピア色で映画みたい

    かわんたろってもしかして、、、?と思ったら、やはりカッパでしたね。

    全体がセピア色で、文章も少なくて、絵本というよりは昔の映画(しかも活動写真とか言われてた時代)を彷彿とさせます。

    なかなか、心あたたまる本でした。

    この後、男の子たちとカッパは仲良くなるのかなあ?不思議な余韻があります。

    文がないので読み聞かせはやや難易度高し。娘は読み終えたら「はやっ!」て言ってました。

    掲載日:2012/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • セピア色の絵本。

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子13歳、男の子9歳

    ブラウンがかった薄い墨の色がとっても印象に残りました。
    お話の舞台は 古き良き日本といった感じ…
    ママ世代の お母さんやおばあちゃんの時代を想像しました。
    そんな背景だから 
    このお話の内容が活きてくるのかもしれませんね。
    好奇心から子供たちだけで 危ない川に近づいてしまうっていう
    現代っ子にもありがちなエピソードを伏線にして
    読んだチビッコたちに
    「河童は本当にいたのかも…」
    と思わせてしまうかもしれません 笑。
    登場する子供や大人たちのセリフはほとんどないのに
    仕草や表情から
    言葉が聞こえてくるような気持ちになったりもしました。
    それから 木陰の涼しさや 雨が降ってきた時の空の暗がなどが
    とってもリアルに描かれているところに 感心させられたりもしました。

    掲載日:2007/09/10

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ぼくのなかのほんとう』 <br>翻訳者・若林千鶴さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット