雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…

あっぱれ!ブブヒコ」 みんなの声

あっぱれ!ブブヒコ 作:中川 ひろたか
絵:大島 妙子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2002年
ISBN:9784591073568
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,442
みんなの声 総数 2
「あっぱれ!ブブヒコ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • へんてこりんな世界

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    犬のブブヒコは、ある日散歩中に、大好きなマルチーズちゃんに誘われ、不思議な世界へ迷い込みます。
    そこはすべてが丸でなくてはいけない異国、まるいこく。
    この異国の地でブブヒコは、姫であるマルチーズちゃんと再会するのでした。

    顔はオジサン、心は少年といったかんじのブブヒコがとてもかわいらしいです。
    大島さんの絵に惹かれて手にした作品ですが、これはお話と絵がピッタリ。
    へんてこりんな出来事が、とても愉快に描かれています。
    あまり深いことは考えずに、楽しめる作品ではないでしょうか。

    元の世界へ戻ったブブヒコ。
    マルチーズちゃんの態度は冷たいけれど、夢なんかじゃないよね。
    そんな言葉をかけてあげたくなります。

    掲載日:2009/04/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大島妙子さん

    私自身が大島妙子さんの作品が大好きなのでこの絵本を選びました。白黒の場面と色の場面をとても上手に使い分けている絵本だなと思いました。主人公が他の世界に迷い込んだ時にパッと色が変わる所がとても心に残りました。さすが大島妙子さんだなと思いました。主人公のブブヒコがとても機転が利いているので読んでいてストーリーがコロコロと展開していく所がとても面白かったです。もしかして、そんな世界があるのかな?ととても楽しく読めました。他のシリーズも是非読んでみたいです。

    掲載日:2008/09/12

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



山岡ひかるさんの「食べ物絵本」シリーズ 歴代編集者さんに話を聞きました

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット