もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

絵本・ムーミン谷から2 ムーミンと空とぶえんばん」 みんなの声

絵本・ムーミン谷から2 ムーミンと空とぶえんばん 作:トーベ・ヤンソン
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\850+税
発行日:1998年08月
ISBN:9784062685023
評価スコア 3.86
評価ランキング 29,432
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ムーミンと火星人

    ムーミンと火星人のコラボレーション!?
    これは、めったにない組み合わせではないでしょうか。
    しかも、透明「ムーミン」って笑っちゃいましたよ。
    大変な事件のはずなのに、笑顔で終わるのは、やっぱりムーミンファミリーのほんわかムードだからでしょう。

    掲載日:2015/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 透明ムーミンと火星人!

    図書館から借りてきて、4歳と9歳の娘たちと読みました。

    ある朝ムーミンママが畑に行くと、大きくて見たこともないものが
    地面から生えていました。
    中の機械がばらばらになって外にぶらさがっていたので、
    ママはその機械をうちへ持って帰りました。
    へんてこな機械に大喜びするパパが、ぐらぐらする白いボタンを押してみると、
    なんとパパが透明ムーミンに!!
    同じく透明になってしまったムーミンとスノークのお嬢さんも
    パパと一緒に村でいたずらをして大騒ぎになりますが、
    ついには火星人の子供まで登場して・・・?!

    透明になったことを「またとないチャンス!」と言ってはしゃぐパパに
    娘たちは笑っていました。
    こういうお茶目なプラス思考が楽しいです(^^)。
    後から出てきた火星人の親子の姿にも娘たちが喜んでいました。

    不思議な世界を、子供たちも楽しんでいました♪

    掲載日:2014/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • シリーズの2冊目のお話です。ムーミンママが畑でえんばんを見つけ、部品を自宅に持ち帰ります。部品のボタンを押したムーミンパパは
    透明に消えてしまいました。ムーミンもスノークのおじょうさんも消えてしまい、お友達をからかいに行ったり、いたずらをします。

    ちょっと夢のようなお話ですが、なんだか楽しいです。空に浮かんだままで、みんなの姿が元に戻り降りられなくなり、消防隊に助けを呼びますが消防隊もぷかぷか浮かんでいて何ともかわいいお話。

    不思議なお顔の火星人の子供がえんばんにはいたようで、パパとママにあえず泣いていると迎えがきました。

    ムーミンの絵本は不思議なお話が続きますが、とてもかわいらしくて、不思議で楽しいですね。子供と一緒に読みたいです。

    掲載日:2012/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ムーミンが読みたくて

    2歳7ヶ月の息子と一緒に読みました。
    息子がムーミンの貯金箱を持っているので、せっかくだし絵本も読んでみたいと思い、この絵本を読みました。
    シンプルな線で描かれたムーミン。とっても素朴で可愛いです。
    物語はムーミンらしいのかそうでないのかよく分かりませんが、
    変わった姿の火星人が出てきて面白かったです。
    息子には難しいかな?と思ったけれど、分からないところは、
    「ママ、何言ってるの?どうなったの?」と聞くので私が説明すると
    なんとなく分かったようです。
    火星人の子供が、勝手にUFOに乗ってお母さんに怒られたんだよと説明すると、なんだか神妙な顔になっていました。

    掲載日:2012/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 宇宙人

    ムーミンを最近興味もってきたので読んでみました。結構ストーリーもしっかりしているので、
    うちの子には早いのかな〜って思っていたのですが・・・宇宙人が出てきていたので、
    子供は最後まで興味津々で聞いていました。宇宙人の姿が子供的にストライクなんだそうです!!

    掲載日:2012/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • キャラクターの愛らしさ

    ムーミンの家の庭に空飛ぶ円盤が落ちてきます。

    円盤から機械を取り出していろいろいじると
    体が消えてしまったり、空に浮いてしまったり
    します。それに喜んだムーミンパパやムーミン達が
    村でいたずらをします。

    パパが先導していらずらしちゃうところが楽しいです。
    子供も「えっ」と驚き笑っていました。
    そんなムーミン達を見かねていそいそ動き回る
    ムーミンママも可愛い。

    お話は、円盤に乗っていた火星人(宇宙から来た=火星人と
    短絡的に決めているのは、以前火星人が話題になった頃
    描かれたのかな?とか興味を持ちました)の子供が
    見つかり、火星に帰りたがる頃両親がお迎えに来る
    シンプルなモノ。
    ですが、ムーミン谷のみんなのキャラクターの
    愛らしさがそのお話を支えているそんな気がしました。

    掲載日:2011/06/17

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『桃太郎が語る桃太郎』クゲユウジさん 岡村優太さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(3.86)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット