あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

アイヌとキツネ」 みんなの声

アイヌとキツネ 作:かやのしげる
絵:いしくらきんじ
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2001年
ISBN:9784338081429
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,803
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 絵は今風な感じのアイヌの神話絵本

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    イラストは石倉欣二さんが担当されています。
    表紙絵が一つの村の地図のような見開きになっていて、なかなか面白かったです。

    アイヌ神話の絵本の1つですが、この話は神々しい話ではなく、農村地帯の民衆の伝承のようです。
    「アイヌの神さま」は言葉としては登場しますが、人間(村の人々)やキツネが“お願いをする”対象であって、姿かたちは出てきませんでした。

    他のアイヌの神話をベースにした絵本の作品と比べ、とても『今風』な絵なので、表紙だけ見るとパッと見、神話や伝説を描いた昔話だとは思えない感じです。
    字も絵もはっきりしていて、読み聞かせなどにも使えそうです。
    ただ、この物語は主人公がはっきり「誰」というものではないので、子どもたちがどのくらい食いついてくれるか…。もし読み聞かせに使うなら小学校高学年以上の、読み聞かせ慣れしたクラスでやってみるといいかもしれません。

    掲載日:2011/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • アイヌ世界の共存の思想

    何事も分かち合う、万物を神として崇める、アイヌの世界のしきたりは素朴でありながら、利他主義であり、人を思いやる倫理観念で通されています。
    アイヌの採ったシャケを一匹拝借したキツネはアイヌから罵られ、小鳥も住めないような場所に追いやられようとしました。
    自分からするとあまり不思議のないことが、アイヌの社会ではいけないことだと語られます。
    アイヌもキツネも神の恵みであるシャケを分かち合い共存していくことがアイヌの思想なのです。
    とても素晴らしいしきたり。
    自己中心で排他主義にならされている現代の日本社会。
    子どもたちにアイヌの社会を伝えることは、大人である自分への反省でもあります。
    考えさせられる絵本でした。

    掲載日:2011/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 深遠な世界感

    折りしも、アイヌの先住民族決議の為され、図書館でこの本を目にし、思わず手にとりました。自然を敬い、物を大切にし、子どもやお年よりも大切にする社会を守ってきたアイヌの文化と考え方はこれからの世界に役立つと思います。必要な分だけ漁をし、獲り分け与え合う暮らしや、文字がなく口承文化であることにも魅力を感じていました。残念ながら差別などで苦しい歴史が今も続いていることは作者であり国会議員であるかやの氏の活動で知りました。物語の中ではきつねに漁の分け前を与えず山へ追いやろうとする人間に対し、チャランケ(談判)するきつね。それは自分のためではなくすべての生き物のため、喉も張り裂けんばかりの叫び。読む者の目にも心にも突き刺さる。絵は北海道の豊かな色彩を、落ち着いた色合いで写し取り、人物の衣装、生活用具にもわかりやすく描かれていて素晴らしい。文章が長めなので小学生以上からがよいかも知れない。

    掲載日:2008/06/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • この絵本はアイヌ民族に語りつがれたむかし話です。

    アイヌの人々は、しかやくまを食料にし、みんなに分け与えて生きてきました。

    また、川でシャケとり、くまやキツネたちもシャケを食べ、お互いにじゃまをすることなく、幸せにくらしていました。

    ところがアイヌの人がとっておいたシャケをキツネがいっぴきだけ食べたのを怒ったアイヌの人が、キツネを追い払った。

    そこは 木も草もなく 小鳥も住めないはだかの山

    アイヌの人は水の神さま山の神様にたのんで追い払ったんだって!

    キツネの涙の叫び!
    すさまじいものです! 私の心の奥深くにつきささるような気がしました。

    キツネは、シャケは、アイヌだけが食べるものではありません。そのほかの動物たちも食べられるように神さまが与えてくれたものなのです。そう人間に叫びました。

    本当に正しい叫びです!

    これを聞いたアイヌの人はキツネを追い払ったアイヌの人を叱り、キツネの神様におわびしました、

    このお話は、アイヌのお話ですが、けっしてアイヌの人だけの話ではありません!
    私たち すべての 人間に伝えるべきお話だと感動しました。

    それにしても キツネ叫びのすごさ! 涙のかなしさは、迫力があります。
    こころに 残ります。


    「魚や木の実は、けっして人間だけがたべるものと 考えてはいけません。
    動物たちと、なかよくわけあって食べるものです。」

    この言葉を私たちは、語り継がなければならないと思いました。

    すごい 絵本でした!

    掲載日:2007/08/09

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / こぐまのくまくん / ほんとのおおきさ動物園

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット