大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

かぶともり」 みんなの声

かぶともり 作・絵:菊池 日出夫
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\291+税
発行日:1990年
評価スコア 4
評価ランキング 19,440
みんなの声 総数 3
「かぶともり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 虫好きの息子のために

    虫好きの息子のために借りた本です。「ほたるさわ」というシリーズの本を読んだばかりなので、息子もすぐにお話の中に入っていきました。

    昭和の古き良き時代の田舎の生活や子どもたちの暮らしぶりが感じられます。

    方言があるのも、朴訥な感じでいいなと思います。

    昔の子どもたちは、朝から晩まで虫捕りをして遊べたのだろうなと思うと、今の子どもたちは羨ましいだろうし、安全な時代でよかったなと思います。

    大人は子ども時代に思いを馳せるかもしれません。

    掲載日:2009/01/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • 夏の山で♪

    甲虫好きな男の子にはとってもお薦めです。

    「かぶともり」はかぶと虫やくわがたがいる森。
    里山の風景が細かく描かれています。
    茂った緑が夏を感じさせてくれます。
    男の子も女の子も大きな子も小さな子も、
    なかよしみんなが一緒になってかぶともりに虫取りに行きます。
    ちょっと昔の田舎の子供たちって感じです。
    途中別のグループともめごとがあったり、
    犬のラッキーが災難にあったり、
    ススメバチに遭遇したりした後にたどりついた木には
    かぶと虫やくわがたが!!
    このページでは、甲虫好きの
    我が家の息子も「おぉ〜バトルだ」と思わず声だしました。
    自分も虫を見つけた気分だったみたい。
    なかなか森に虫を探しに行くのは難しいけれど
    この絵本で、虫取り体験を味わえたかな。

    ほとんど台詞のみでお話は進んでいきます。
    子供たちが生き生きしていますが
    「〜っちょ」「〜ずら」と方言で話すので
    読むのは少し苦労しました。

    掲載日:2007/08/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 虫取り

    かぶともりにカムトムシやクワガタを取りに行くお話です。

    森の風景が細かく丁寧に描かれているなぁと思いました。
    ただ“〜ずら”等の方言(?)が多く使われているので、
    読み聞かせするには雰囲気が壊れてしまいそうな印象を受けました。

    虫好きの子ども達にはオススメの一冊です☆

    掲載日:2010/06/09

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット