もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ジュンと秘密の友だち」 みんなの声

ジュンと秘密の友だち 作・絵:佐藤 さとる
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\340+税
発行日:1986年
ISBN:9784061380455
評価スコア 4
評価ランキング 22,675
みんなの声 総数 1
「ジュンと秘密の友だち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ものを作ることは

    佐藤さとるのコロボックルシリーズ以外で一番好きな作品が「ジュンと秘密の友だち」です。

    久しぶりに読みましたが、ジュンとダイちゃんという不思議な男の子との出会いが非常に丁寧に描かれていると思いました。

    私は高校生の時に初めて読んだのですが、ジュンが小屋を作るところにわくわくしました。主人公が話の中で物作りをする設定は、読者も一緒に物を作っている気持ちを共有できるので私は好きです。

    ジュンが小屋作りをするのを家族が必要なところだけを助けるのも気に入っている点です。ジュンの姉で機械に強いミサオは少しだけの登場ですが、いい味を出しています。

    ジュンの叔父さんで自動車整備を仕事としているノブおじさんの「ものを作ることは、作る人の魂をものにこめることだ」という言葉がとても印象に残ります。

    非常に緻密に伏線がちりばめられており、読み終わると「なるほど」と感心しました。読み終わった時には失われていく物に対しての切ない感情が残りました。すべてを書いてしまうと読書の妨げになるので書きませんが、大人が読んでもおもしろい話なのでぜひ読んでほしいと思います。

    掲載日:2007/08/09

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おやすみ、エレン』快眠セラピスト三橋美穂さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット