たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

まいごのころわん」 みんなの声

まいごのころわん 作:間所 ひさこ
絵:黒井 健
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
ISBN:9784893254771
評価スコア 4.09
評価ランキング 17,901
みんなの声 総数 10
「まいごのころわん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 最近迷子になりがちな2歳の我が子に

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    戒めの意味も込めてこの本を読んでみたのですが、特に何も感じてはいない様子でした。残念。凧の顔を手がかりに家に帰れてよかったね。やっぱり犬も迷子になったら心細いもんなんでしょうか?小学校の頃、校舎に入り込んでた犬の事を思い出しました。

    掲載日:2014/10/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • おかあさんはここだよ

    マラソンをしているおにいさんたちについていって
    まいごになってしまったころわん。
    空高く上がったやっこだこさんのおかげで
    無事おかあさんのところへ帰ることが出来ました。
    みちのむこうにおかあさんの姿が見えるシーンでは
    子供は小さなおかあさんを目を凝らして見ると
    「ころわん、おかあさんはここだよ」
    と教えてくれます^^
    一月頃に読むと季節に合っていてちょうどよいですね。

    掲載日:2010/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迷子の気持ち

    娘の好きなころわんシリーズの一冊です。
    やっこだこを見つけ、公園に来たころわん。駆け足しているお兄さん達について行くといつの間にか知らない場所へ・・・。

    やっこだこに夢中になったり、駆け足のお兄さんについて行ったり・・・あっちこっち興味が次々に移って、やっぱりころわんも子供ですね。娘みたい、と思いながら読みました。
    迷子になった時の不安な気持ちが伝わります。
    空に上がったやっこだこに助けられて、元いた公園まで戻ることが出来たころわん。
    公園まで、心配して迎えに来てくれたお母さん。お母さんもころわんもほっとしたことでしょう。お母さんのころわんを思う優しい気持ちが伝わってきました。

    掲載日:2009/11/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • すぐキョロキョロ

    ほんとうに、子供って興味のあるものがすぐ変わって、
    気を取られて他の事は忘れちゃいますよね。
    公園ではやっこ凧に気をとられ、
    公園出たらマラソン中のお兄さんに着いて行っちゃうころわん。
    あれ?ここはどこ?さぁ、どうしよう!
    そんなころわんを助けてくれたのは?

    やっこ凧を覚えた息子。
    最初は怖い顔だね〜。って言ってたけど、
    顔は怖くても優しい人だっているって事が
    分かったみたい。
    この単純さがちょうどいいかな。

    掲載日:2009/03/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • わんころと呼ばれるころわん

    ころわんのシリーズの中で、
    一番ストーリーに盛り上がりがあると思う一冊。
    やっこだこも印象的だし、
    わんころと呼ばれて、
    わんころじゃないよ、ころわんだよっていう
    ころわんもまたかわいい。
    そうか、ころわんを入れ替えると
    わんころになるんだなあと
    改めて思いました。
    比較的、まったりとした(それがまたころわんの味わいでもあるのでが)
    お話の展開が多いシリーズですが、
    これはどきどき楽しめると思います。

    掲載日:2009/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 我が子はころわんみたい。

    • NON×2さん
    • 30代
    • ママ
    • 愛媛県
    • 男の子8歳、女の子5歳

    やっこだこを追いかけて公園まで行くと・・・
    かけあしお兄さんに遭遇し、気になり一緒に走っていく。
    すると、やっぱり、迷子になっちゃった。
    ころわんは、やっぱり子供だなぁ。と思いました。
    我が子のようで、ころわんがいとおしく感じました。
    最初についていった、やっこだこさんが、空に舞い上がり、ころわんに、帰り道を教えてあげて、帰れたお話です。
    親心として、知らない人にはついていっちゃダメだよ。
    遠くまで行かないでね。
    と、伝えられた本です。

    掲載日:2007/07/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迷子には気を付けて

    息子が大好きなころわんシリーズ。
    今回は、ころわんが迷子になってしまう話です。
    かけあしお兄さんたちについて、頑張って坂道を登ったのに、
    気付いたらだあれもいません。
    うちに帰ろうとしたころわん、帰り道がわかりません。
    するとむこうの空に、さっき話をしたやっこだこの
    おじさんがいました。
    おじさんのおかげで、帰り道がわかりました。
    うちの息子も店などでよく、勝手に走っていってしまい、
    姿が見えなくなります。
    いつも本人より、親の私達の方が不安になってしまいます。
    最近の世の中、いい人ばかりとは限らないので、
    気を付けて欲しいのですが・・・。

    掲載日:2006/09/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • まいごにならないで!

    • ユナママさん
    • 20代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子4歳、女の子2歳、女の子0歳

    興味のある方へ追いかけていくころわんが、迷子になってしまいます。助けてくれたのは、迷子になる前に話しをしていた、やっこだこ。
    子供たちのしつけに役立てました。
    楽しそうなものがあっても、優しい人に誘われても、一人でついていってはダメよと。

    掲載日:2006/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっこだことのやりとりが面白い

    • ぽぽろんさん
    • 20代
    • ママ
    • 長野県
    • 女の子4歳、男の子2歳

    やっこだこを背負った子供がかけてきて、ころわんはそれを追いかけていきます。公園に着いたけど面白いことが始まらないので、ジョギングしているお兄さんたちについていったら、帰り道がわからなくなってしまいました。

    やっこだことの会話がおかしい。「わんころ」なんて言われて「ぼくころわんだよ」と教えてあげてるのが、我が子達はおかしいようです。迷子になったけど、遠くの空からやっこだこが帰り道を教えてくれてよかったね。この時のやっこだこの手や表情が変わっていて、細かいもの好きな我が家では、ころわんにもこういうのがあったのがなんだか嬉しくなりました。

    掲載日:2004/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • こっちだぞー

    ころわんがやっこ凧を追いかけたり、いろんなものに夢中になっているうちに迷子になってしまいます。困っていると空の上からやっこ凧がころわんに帰り道を教えてくれます。ころわんがかわいい絵本です。

    掲載日:2002/07/02

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / わたしのワンピース / おおきなかぶ / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.09)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット