あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

クリスマスのおはなし」 みんなの声

クリスマスのおはなし 作・絵:ジェーン・レイ
訳:奥泉 光
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1994年10月31日
ISBN:9784198601898
評価スコア 4
評価ランキング 22,265
みんなの声 総数 1
「クリスマスのおはなし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • クリスマス前にとってもお奨めの一冊!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子2歳

    キリスト教系の学童に通う息子は、
    クリスマスでもイエス様誕生の朗読劇をやるらしく、
    クリスマスのお話が大好き。

    図書館でこの絵本を見つけ、
    飛びつくように借りてきました。

    表紙からも分かるように、
    とっても美しい絵。
    ページの上下にそれぞれ絵が分かれて描かれてあって、
    その中間におはなしの文章が描かれているのが
    とても素敵です。

    文章は日本語訳らしいのですが、
    訳もとっても暖かくて、
    読んでいても、クリスマスの神聖な情景が
    ジーンと伝わってきます。

    マリア様が大きなお腹でロバにまたがっているシーンや、
    宿屋がなくて困ってるシーンも、
    なかなか絵が細かくて、
    ヨセフが身重のマリアを気遣ってるらしい表情まで読み取れて、
    とても人間らしさに溢れた絵本だなあと思いました。

    ただ、なんせ「クリスマスのおはなし」なので、
    イエス様がお生まれになったところでお話は終わり。
    それが息子にはちょっと、物足りなかったようです。

    この絵本の続きがあれば、是非息子と読みたいですね。

    掲載日:2013/12/20

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット