十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

おばけのジョージー おおてがら」 みんなの声

おばけのジョージー おおてがら 作・絵:ロバート・ブライト
訳:なかがわ ちひろ
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2004年1月31年
ISBN:9784198618049
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,659
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • はずかしがりやのやさしいおばけ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    このシリーズは初めて読みました。
    はずかしがりやのちいさなやさしいおばけが主人公なのですね。
    どろぼうたちを相手にジョージ−をはじめとする面々は迫力に欠ける様子…いったいどうなるのかちょっと心配しながら読みました。

    掲載日:2014/11/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本の次のステップに

    絵本のおばけのジョージーが大好きだった娘が本屋で見つけ、どうしても読みたいとの事で購入しました。
    読み聞かせの前は、絵本は集中して聞いているけれど、この文章量の本を果たして飽きずに聞いていれるのかと思いました。
    しかし、実際読み始めてみると娘は挿絵に釘付け。
    最後まで集中力をきらす事無くジョージーの世界に入り込んでいました。
    絵本から児童書の移行期にこの本はオススメだと思います。

    掲載日:2014/02/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハラハラドキドキの本。

     原書は絵本をいうだけあって、文字の量が少なくまた各ページに楽しい絵があるし、子どもの大好きなおばけということで、一人で本を読み始めた兄に借りてきました。
     ちいさな恥ずかしがりやのジョージおばけに、一気に読んでしまい、シリーズになっていると伝えると、全部読みたいと息巻いています。

     小さい恥ずかしがりやのおばけが、ハラハラドキドキしながら動物たちと協力してどろぼうをつかまえたり、屋根裏部屋でそのおはなしの自慢をねずみに聞かせているところが、最近我が家で悪さをするねずみとつながったようで、繰り返し読んでいました。

    掲載日:2010/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ジョージー大好き♪

    絵本の「おばけのジョージー」を読んでとても楽しかったので、童話形式のシリーズがあることを知って早速手に取りました。
    童話、といっても挿絵が多めで字はそれほど多くないので、絵本から童話への移行期にちょうどいい感じです。

    主人公のジョージーは、小さなおばけ。床をきしませたり、ドアをぎいっと言わせたりするくらいしかしない、優しいかわいらしいおばけです。
    そんなジョージーが住む家に事件が!!
    住人が出かけている間、ジョージーが大活躍して家を守るんです。

    とってもかわいらしいおばけのジョージー、私も息子も大ファンになりました。続編もぜひ読みたいと思います。

    掲載日:2009/07/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子も私も気に入りました。

    本屋さんで見かけて読んでみたくなりました。

    古い本のようですが、絵もかわいいし、内容的にもかわいらしいお話だなあと思いました。

    おばけだけれど、はずかしがりやというところが、ユニークだと思います。

    小さくても、機転を利かせてというお話が好きなので、息子も私も気に入りました。

    シリーズものらしいので、ぜひ他の作品も読んでみたいです。

    掲載日:2009/04/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本とうにいるんだなあとおもいました

    おばけは、本とうにいるんだなあとおもいました。

    おばけは、こわいおばけしかいないとおもったけど、やさしいおばけもいるんだなあとおもいました。

    ジョージーはこわがりだし、だれがどろぼうを、おっぱらうんだろうとおもいました。

    ドキドキしました。

    ホイッティカーさんのいえには、どろぼうが、ねらうようなものがたくさんあることに、おどろきました。

    すごいとおもいます。

    ぼくもジョージーにあってみたいです。

    なかよくなれそうです。

    掲載日:2009/04/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大活躍なジョージー

    おさるのジョージにはまっている息子が名前が似ているからということで読み始めおばけのジョージーシリーズ。
    でもジョージとジョージ―では全然違う。
    ジョージーはおばけなのに怖がり屋&控え目。
    おさるのジョージ―の毎回のお騒がせ&ドキドキに比べると、物足りない?なんて思っていたのですが、
    今回はおさるのジョージシリーズと同じようにドキドキする展開でした。

    お話は、ジョージーが住んでいるホイッティカーさんの家にどろぼうがやってくるというお話。
    さてさて、人を脅かすこともできない恥ずかしがり屋のジョージーはどうするのでしょう?
    ジョージーシリーズお馴染みのお友達動物も大活躍!
    そしてもちろんジョージーも。
    声の音色のいつもより少しおとすとおばけ絵本ということもあって、
    やっぱりドキドキするようです。

    ただいま息子はすっかりこのシリーズにはまったようで、つづきを読みたいようです♪
    1年生でも読める程度の分量なので、幼年童話の入門としてもいいと思いました^^;

    掲載日:2008/09/18

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット