ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

ねこと友だち」 みんなの声

ねこと友だち 作:いとう ひろし
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1995年01月
ISBN:9784198602369
評価スコア 4.17
評価ランキング 16,696
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いただきます の意味

    絵本ナビからのメルマガに紹介されていて、おもしろそうだとこれまた思ったので、読んでみました。でも、絵本ではありませんでした。そして、幼年童話の類でもありませんでした。エッセーに近い創作話といった感じでしょうか。

    せつないですね。魚とネコは本当は友達になれないのかもしれません。でも、お互いに分をわきまえた関係と言うのでしょうか? ねこは、魚夫婦と仲良くなったことで、もって生まれた運命だとかに気づきました。そして、いただくとは、命をいただくことだと再認識しました。また、弱い者はそれ以上の速さで命を繋いでいくことも知りました。

    さらっとした話の中に、大切なエッセンスが詰め込まれた本だと思いました。ちょっと大人向けかな?と思う本です。

    掲載日:2014/03/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当の友情って

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子16歳、女の子14歳

    いとうひろしさんが大好きなこどもたちは本をみつけると読んでいるようです。

    もとノラ猫のブータレと水槽で飼われている魚の夫婦のお話しです。

    魚と猫の友情って成り立つのかな?

    童話だからの設定かな?

    いえいえ・・いとうひろしさんのお話しはこんな矛盾にもきちんと
    お話しの中で答えてくれていました。

    水槽の魚を食べるものと感じてしまった猫の罪悪感を漁業のおじいさんが助けてくれたり、自分探しの旅のような感じで、読んだ年齢によって受け止め方は違うと思います。もちろん我が家の子どものように大きくてもそれなりに感じるところがあるようです。

    魚のだんなさんとの最後はホロッときます。
    娘曰く「これって最高の敬愛の示し方だね」と感動したようです。

    掲載日:2011/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • せつない友情

     ねこの名前がブータレ、というのにびっくりしました。短いエピソードが連なっていて、読みやすいお話です。シンプルな挿絵も楽しめました。
     
     ねこが魚を食べたいのは仕方のないことなのに、友情が生まれてしまい、せつないです。
     ブータレがけがをしたとき、おさかなはえさが食べられないほど心配しています。でも、おばさんは心配で、食事を全部食べてしまうところがおもしろいと子どもは言っていました。

    掲載日:2010/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友だちって何だろ?!

    • ぼのさん
    • 40代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子15歳、女の子13歳、女の子8歳

    ちょっと字が多く長いですけど・・・いとうひろしさんのユーモアたっぷりの文章は飽きさせません。(カラーじゃないのが残念ですが、さし絵もたくさん入ってます。)
    次女は「ねこ好き」のため、よけい真剣に聞いてました。

    一人暮らしのおばさんに「ブータレ」と名付けられたねこは、金魚ばちの中で飼われている、お魚の夫婦と友だちになります。
    今まで、アジやイワシの開きを、何の疑問もなく食べていたねこですが、ある日、うっかり、金魚ばちの外に飛び出してしまった「お魚のだんなさん」を見つけたことで、大きな悩みが生まれます。

    お魚は食べ物か?友だちか?

    誘惑に負けて、友だちを食べてしまったら大変!ねこは「魚のいない国」を目指して旅に出ますが・・・???

    ねこの、友だちを想う優しさと、魚を食べたい本能との葛藤。
    お墓の土を食べるシーンは、せつなくて涙が出そうになりました。

    でも、ラストがすごくいいです♪
    やっぱり、どこの世界でも「女は強し!母は偉大!!」なんですね。
    生きてるっていいな。友だちっていいな。
    心からそう思えます。

    いとうひろしさんって、やっぱ凄い!奥が深いです☆
    いとうひろしさんの絵本ファンの方は、ぜひ童話の方も読んでみてください♪

    掲載日:2009/05/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 涙が出ました

    • やんすけさん
    • 40代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子14歳、男の子8歳

    おはかを掘り返して、おさかなのにおいのする砂を、泣きながら食べるねこの姿に、ぐっときました。読み聞かせていた息子もじっと聞き入っていました。

    掲載日:2007/09/21

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / きばのあるヒツジ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット