うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

ねずみのまちの一ねんせい」 みんなの声

ねずみのまちの一ねんせい 作:佐藤 さとる
絵:村上 勉
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\880+税
発行日:1979年
ISBN:9784033300702
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
「ねずみのまちの一ねんせい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 黄金コンビ作品♪

    あら!?
    このコンビで、こんな絵本あった?っけ?
    昔読んだかな???
    とにかく、借りてじっくり読みましょ

    コロボックルがベースにありますからね
    なるほど・・・
    不思議な世界に行くのに
    不自然な感じがしないんですよね
    徐々に・・・というのがいいです

    題名に「1ねんせい」ってあるので
    年長さんから1年生頃が
    ぴったりかもしれませんね

    ねずみの町並み
    なんか、いいなぁ〜
    本当にありそうな気がしてくるのは
    村上さんの絵の魅力ですよね

    最後のページが
    とっても私は、好きです

    1979年の作品ですって!

    掲載日:2015/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねずみの道

    僕が小学校1年生の夏、林でかぶと虫を見つけた子とのある林。ある秋の日曜日に林に遊びに行ったぼくは、後足で立っているねずみを見つけます。ねずみを追いかけていくと、ぼくの体はどんどん小さくなります。服がぶかぶかになっていく様が面白いです。

    いつも行っている林なのに、不思議なことが起こります。けものしか通れない道をけもの道と言いますが、ねずみにしか通れないねずみの道が出てきます。以前、野遊びでかやねずみがいるという林を探検したことがあります。その時にこのお話を思い出しました。

    ねずみの道を人間がたどっていくとどうなるのか、そう考えただけでとてもわくわくした気持ちになりました。この本を読むと、ファンタジーの入り口というのは、自分の身近な風景の中に、目をこらせばあるのかもしれないという気持ちになります。

    掲載日:2007/08/11

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット