モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

ファーブル昆虫記 たまころがし」 みんなの声

ファーブル昆虫記 たまころがし 作:小林 清之介
絵:松岡 達英
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2007年04月
ISBN:9784893256904
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 日本には、いない!

    ここ一年ほど、うちの子供のマイブームは「ふんころがし」です。ふんに見たてた大きなバランスボールに、足をかけて「ふんころがし」のまねをしています。そんな子供が表紙をみたとたん食らいついた絵本です。この絵本ではたまころがし、といっています。いちばん驚いたのは、たまころがしは日本にいない、ということです。ユニークな名前のせいか、とても親しみがあって身近な感じがしたのですが、めずらしい昆虫だったのですね。日本にいない理由もちゃんとわかりました。たまころがしは自然環境をとても上手に利用して生きています。生態系の繊細さを感じました。子供がいちばんおもしろがったところは、たまころがしがえさのふんを食べながら、自分もふんをするところです。やっぱり「うんち」は、子供がよろこびますね。私は昆虫が苦手で、有名なファーブル昆虫記はよんだことがないのですが、この絵本でなら楽しく勉強できそうです。子供と一緒に他のシリーズも読んでみようと思いました。イラストもとてもきれいです。

    掲載日:2007/08/20

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット