もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ピッピ南の島へ」 みんなの声

ピッピ南の島へ 作:アストリッド・リンドグレーン
絵:桜井 誠
訳:大塚 勇三
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,700+税
発行日:1965年
ISBN:9784001150636
評価スコア 4
評価ランキング 22,256
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • やはりピッピはおもしろい

    子どもの頃、「長くつ下のピッピ」は読みましたが、このお話は読まなかったなあと思い息子に読んで聞かせました。

    順番を間違えて、三巻目から読んでしまいました。

    南の島へ行くのはピッピのみなのかと思ったら、トミーとアンニカがはしかの転地療養ということでついて行くのにびっくりしました。

    すかさず息子が「だって表紙にトミーもアンニカものってるよ」と言いました。確かに二人の顔がありました。子どもってこういうところよく見ていますね。

    二人のおかあさんは、ピッピはハチャメチャなところもあるけれど、優しい子だということはわかっているんですね。

    でも、行った南の島で泥棒に遭遇したり、サメがいたとしたら、親としては行かせられませんけどね。

    ピッピが高慢な大人や泥棒をやりこめるのは子どもとしては胸がすくような思いがするだろうなあと思います。

    一人で読むならもう少し中学年以上なんでしょうけれど、読み聞かせなので息子も毎日のように「ピッピ読んで」と言ってきました。

    やはりピッピはおもしろいですね。

    今度は読んでいない二巻目を読みたいです。

    掲載日:2010/01/12

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット