すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

岩波少年文庫 名探偵カッレとスパイ団」 みんなの声

岩波少年文庫 名探偵カッレとスパイ団 作・絵:アストリッド・リンドグレーン
訳:尾崎 義
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\720+税
発行日:2007年05月
ISBN:9784001141238
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,757
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • カッレくん三巻目

    赤バラ軍とのバラ戦争が始まって二年とあるので、最初の名探偵カッレくんからは二年経っているのでしょうか。

    今回は、工学博士とその息子ラスムスの誘拐事件に巻き込まれてしまうというお話。

    ラスムスを守ろうとしたエーヴァ・ロッタまで人質になります。

    二巻目より先に三巻目を読んでしまったのですが、二巻目を読んでから、こちらの内容を思い返してみると、エーヴァ・ロッタの働きが前にも増してパワー・アップしているというのか光っている気がしました。

    白バラ軍に入りたいという五歳のラスムスもかわいくて健気でとても愛すべきキャラクターだなあと思います。

    リンドグレーンは、こういう小さい子どもの心の動きや行動を実にうまく描く作家だなあと改めて思いました。

    今回は息子に読み聞かせをしましたが、中学生ぐらいになったらこの話のおもしさを思い出して一人で読んでくれたらと思います。

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 誘拐事件に

    偶然仲良くなった5歳の子供を救うために、誘拐事件にまきこまれる、というより首をつっこんでいくカッレくんたち。
    紅一点のエーヴァロッタは、いつものとおりで、犯人に対しても強気なのが、痛快です。

    全身を使って、頭をフル回転させて遊ぶカッレくんたちは、すがすがしいなと思います。大目に見てくれる親たちも、いいなと思いました。

    掲載日:2010/07/14

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!
  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


「てざわりえほん」シリーズ <br>編集者・清水剛さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット