大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

岩波少年文庫 はるかな国の兄弟」 みんなの声

岩波少年文庫 はるかな国の兄弟 作・絵:アストリッド・リンドグレーン
訳:大塚 勇三
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\760+税
発行日:2001年
ISBN:9784001140859
評価スコア 4
評価ランキング 22,266
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 夢や希望をあたえてくれます

    足が悪くて、曲がっていて、病気である自分のことを、ひどく醜いと
    思っている男の子が登場します。ちょっと考えちゃいました。
    なぜなら私の娘も足が悪くて曲がっているから。娘が大きくなったら
    岩波少年文庫をぜひ読んでもらいたいなあ。そうしてふたりで語り合
    いたいなあと思っているのですが、こういう描写に娘はなんて思うだ
    ろうか?と。
    でも、娘には卑屈に育ってほしくないし(今のところ楽しく暮らして
    います)、きっとそんな描写に影響されないでしょう。そう楽観的に
    思ったりもします。私達も娘の足が醜いなんてこれっぽっちも思って
    いないしね♪

    最初はびっくりしちゃったけれど、購入したいリストに加わりました。
    この本。足が悪くて醜いと思っている子どもに、わくわくを与えてく
    れるお話だったから。病気の子どもだけでなく、すぐ泣いてしまうよ
    うな「勇気が足りないよ」と言われている子どもも、読んだら、主人
    公と共に成長していくことができるかもしれないなあって思います。
    あえて、主人公をこういう子どもに設定したのですね。
    希望も救いもあるし♪子どもが読む物語で、希望も救いもなか
    ったらしんどいものね。

    リンドグレーンは、こういったタイプの子どもが登場するお話をいくつ
    か書いているらしいのです。病気の子、貧しい子の味方となって、夢
    をみさせてくれるお話。
    こんな風に物語ってくれる作家がいてくれてしあわせ。

    掲載日:2011/10/24

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


子どもたちの英語学習や読み聞かせに最適

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット