ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!

ぼくのワンちゃん」 みんなの声

ぼくのワンちゃん 作・絵:シャリー・ヒューズ
訳:あらいゆうこ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,165+税
発行日:1981年
ISBN:9784032012606
評価スコア 4
評価ランキング 20,227
みんなの声 総数 3
「ぼくのワンちゃん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お姉ちゃん、優しい

    きっと、どんな子にもあるのでしょうね。
    いつも一緒の、お気に入りの存在は。
    そんなお気に入りがなくなったら・・・パニックですよね。
    でも、この家族の優しいこと。
    特に、お姉ちゃんらしい優しさが見られて、姉弟っていいなと思いました。

    掲載日:2013/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な家族。

    デイブが大好きないつでもどこでも一緒の大切な
    ワンちゃんのぬいぐるみがなくなり・・・

    ただのぬいぐるみなのに一生懸命探す家族の姿に
    感動。そしておねえちゃんの優しさにホロッときます。
    1つのものを本当に大切にしているデイヴにも感心します。
    今の子達は欲しいと思うとなんでも手に入る時代なので
    考えさせられる良い本だと思います。

    うちの子達にも物を大切にする気持ちが少しは
    伝わったのでは・・・と思います。
    みんなに読んで欲しいです。

    掲載日:2007/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • なくしてしまった大切なもの

    • はしのさん
    • 40代
    • パパ
    • 神奈川県
    • 男の子12歳、女の子9歳

    デイブが大切にしているワンちゃんがなくなってしまった。家族みんなで探すけれど見つからない…
    多くの子どもが持っている、大切な宝物。それを手にしているときの安心感と、なくしてしまったときの不安な気持ち。他の人から見たら、何でもないものだけど、その子にとってはとても大切なものがあるということ、この本は教えてくれる。
    小さい子どもなら、主人公デイブの気持ちがわかるはず。

    掲載日:2007/08/23

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


「あかちゃんといっしょに作ったあかちゃんのための絵本」創刊記念インタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット