ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

チロヌップの子 さくら」 みんなの声

チロヌップの子 さくら 作・絵:たかはし ひろゆき
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1986年
ISBN:9784323002606
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,042
みんなの声 総数 2
「チロヌップの子 さくら」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 江戸時代 松前藩のころ 千島列島にラッコを捕りにロシア人がやって来た  ラッコを守るために任務に就いた北見与平とゆり夫婦
    赤ちゃんがうまれ 女の子は 桜という名前 そのチロヌップに キツネがやって来て さくらと一緒に大切に育てられました  チロという名前

    しかし きびしい 北の国で さくらは 病気になり死んでしまうのです
    さくらのはかをつくり 木彫りのこけしをつくツタ 与平  
    哀しみのあまり毎日ないていた   母親のゆり

    ラッコを捕りにやって来たロシア人に小屋を燃やされ逃げ帰った夫婦(松前藩に)
    のこされたチロは、さくらの木彫りをだいじにして お墓を守り続けたのです

    昔の千島列島の悲しいおはなし

    今北方領土問題でロシアと 交渉している日本(平和な解決が期待されます)

    こんな歴史があったのですね

    掲載日:2016/05/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 密猟と動物と人間のかかわりを描いた本

    チロヌップシリーズの三作目です。
    今度は戦争をテーマにしたお話ではなく、密漁や、動物と人間の関わりを描いた絵本です。

    みなしごきつねのチロが密猟者からラッコを守っている家族に保護され、いっしょに暮らしていきます。

    チロが大切な木彫りの人形を、密猟者から守ろうとして咥えて逃げるシーンはとてもひきつけられます。

    こどもたちに、動物との触れ合いや共存などを教えてくれる絵本です。

    掲載日:2007/08/23

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット