しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

少年たちの夏」 みんなの声

少年たちの夏 作:横山充男
絵:村上 豊
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2000年
ISBN:9784591066355
評価スコア 4
評価ランキング 22,266
みんなの声 総数 1
「少年たちの夏」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • あちちの夏じゃあ!

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子13歳、男の子11歳

    もう数年前の読書感想文コンクールの課題図書。
    高学年の部の読み物でしたが、当時中学年の次男が気に入って
    この本で夏休みの読書感想文を書きました。
    大人になったぼく(弘治)の少年時代の回想録のスタイルです。
    高知県の四万十川下流の町に住むぼくは、夏休みに仲間達といかだ下りを計画します。
    ぼくを含む6年生の下町での生活の様子が生き生きと描かれます。
    様々な家庭環境にも負けず、「生きる」力がみなぎっています。
    圧巻は自分達で作ったドラゴンホース号という一人乗りのいかだ。
    それぞれ手作りの3つのいかだが豪快にあちちの夏空の下、
    川を下ります。
    子どもだけで企画!というだけでもすごいです。
    もちろん大人にも助けてもらいますが、
    大人はあくまで必要なところで手を出すだけ。
    無謀ともいえるこの計画もニコニコと見守っているだけです。
    今の時代なら即刻企画はつぶされているでしょうね。
    次男がこの本ですっかり四万十川ファンになり、
    実は今夏、この四万十川を見に家族旅行に行きます。
    旅の予定と合わせて、もう一度読み返すと、見所がたくさん。
    物語のキーアイテムの赤鉄橋も見届けようと思っています。

    掲載日:2007/08/23

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット