おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

おじいちゃんのふね」 みんなの声

おじいちゃんのふね 作:岡 信子
絵:山田和明
出版社:リーブル リーブルの特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2007年05月
ISBN:9784947581488
評価スコア 3.75
評価ランキング 31,098
みんなの声 総数 3
「おじいちゃんのふね」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 題名

    題名の”ね”の描き方にセンスを感じたのでこの絵本を選びました。命の大切さについて学べる絵本でした。大切な人は会いたいと思った時には心の中で会う事が出来る事を教えてくれた絵本でした。主人公達兄弟がどれ程お爺ちゃんと御婆ちゃんを愛していたかがひしひしと伝わってくる絵の描き方に感動しました。お爺ちゃんがキリリとカッコいい態度で接していたのが特に心に響きました。

    掲載日:2009/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 死と向き合うことが出来るお話し。

    しんやとこうじの兄弟が公園近くにそびえ立つマンションで
    経験した不思議な出来事のお話し。
    はじめはどうしておじいちゃんおばあちゃんちのお庭のお花の世話をしなくちゃ行けないのか?
    妙な感じで読み進めてた子どもたちですが、だんだんと
    2人がすでにこの世には居ないんだ!もう死んじゃったんだ!
    って気づき、死の世界には簡単には踏み込んでいけないこと、
    そして命を粗末にすると薄暗い世界に行かないといけないこと。
    その事も優しく説明してくれます。

    大切な人の死についても向き合うことが出来るし、死ぬこと、命を粗末にすることの愚かさを
    静かな雰囲気の元に感じることが出来ます。

    おじいちゃんおばあちゃんと過ごした日々と、会いたい気持が
    読むものをジ〜ンとさせる、素敵なお話しでした。

    掲載日:2007/10/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 会いたくなったらまた乗れるといいのにな・

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子10歳、女の子8歳

    亡くなったおじいちゃん、おばあちゃんのマンションの花のみずやりをしている時に経験した不思議なお話し。
    とても、素敵なお話でした。

    小学4年生の娘もじっくり読んでいて、よみごたえも十分あったようです。

    星の王子様が出てきたり、宇宙の星を航海したりとすごく雄大はお話なんだけど、色が落ち着いているのと全体に控えめな絵で静かな雰囲気の感じが死というのも意識させられる感じです。

    暗くおかしな形の星がありました・・それはおじいちゃんたちは行くことのできない星。命を粗末にしたものが行く星はんだそうです・・・

    死というものが少し怖くなくなるような優しいお話しで
    死が少し感じられるようになったら出会って欲しいお話だと思いました。

    掲載日:2007/08/24

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



読み聞かせに最適!見た人に幸せが舞い込むななめねこ

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット