雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
アダムのママさん 40代・その他の方

この詩、大好きです
宮澤賢治の作品は、必ずしも好きなものば…

絵で読む 広島の原爆」 みんなの声

絵で読む 広島の原爆 作:那須 正幹
絵:西村 繁男
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\2,600+税
発行日:1995年
ISBN:9784834012651
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,681
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 永久保存版の貴重な絵だ!

    • はなしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子13歳、男の子11歳

    普段は、とても楽しいお話を書いていらっしゃる那須さんが、文章を書かれていることに非常に驚きました。
    広島に住んでいた方だったのですね。
    息子も、ちょっと驚いた顔で興味深げに、この真面目な絵本を見つめていました。

    長い年月をかけて、作られただけに非常に高い完成度に驚きました。
    大人にとっても、非常に興味深くじっくりと読むことが出来ます。

    原爆体験者でない西村さんが、こんな細密画を描かれたことに敬意を表したいと思います。
    相当に綿密に取材をしないと、こんな絵本は描けなかっただろうし、それだけ魂がこもっているのを感じます。

    この絵本は、貴重な資料にもなる永久保存版です。

    掲載日:2011/08/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 貴重な核問題資料

    タイトルに「絵で読む」と書いてあるように、見開きのページ全体に
    大きく描かれた絵を見るだけで、状況が読める作りになっています。

    西村繁男さんが絵を描かれているので、描写がとても細かいです。
    しかも大型絵本ですのでとても迫力があり、ページをめくっていくうちに、
    まるで写真や当時の映像を見ているかのような錯覚に陥りました。

    この本の絵には、生存者の証言を元に再現された広島の町、そして
    そこに暮らす人々の様子が描かれているのだそうです。
    この絵の下絵を見た被爆者の方が、「平和教材なのでしょうが、私には
    懐かしい風景です」と語ったという記述があり、心が痛む思いがしました。

    見慣れた町が、住み慣れた町が、人も家も景色も何もかもが一瞬にして
    変わってしまう現実。それが、この一冊に表現されていると思います。

    ところどころに、核兵器の原理、放射線障害、原子力発電などの細かい
    知識や解説があり、貴重な核問題資料だと思います。

    実はこの本、東北関東大震災後に子どもが学校で借りてきました。
    以前から原爆について多少興味を持っていることは知っていましたが、
    まさかこのタイミングで借りてくるとは・・・。

    これを機に、原子力発電についての解説を親子で読み、原発についての
    知識を深めていけたらと思っています。

    掲載日:2011/03/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 絵本と資料の合冊本

    町の風景を描かせるときめ細かく精密画を描く西村さん。
    原爆の落ちた絵本の歴史を細かく描写しています。
    「はらっぱ」で東京の街並みの移り変わりの描写で歴史を教えてくれたのですが、この本は広島の街並みの変化と8月6日の経過的な描写、その後を描くことで、原爆の怖さと復興を教えてくれました。
    さらにこの本は、ただ町並みの描写だけではなく、原爆に係る資料についても非常に重厚です。

    息子が夏の宿題に原爆についての調べ学習をしていたので、思い切って資料部分を飛ばし、「はらっぱ」と同じ感覚で読み聞かせしてみました。
    息子は絵本を見ながら、原爆の悲惨さだけでなく、自分の調べた事が気になります。
    読み聞かせ後、資料部分をチェックする子どもと一緒に、原爆について知識を高めることになりました。

    ご自身が被爆者でもある那須さんの原爆に多角的で冷静な分析と解説、広島の街並みをできるだけ正確に描写しようとする西村さんの見事な共著です。
    この絵本は、ひと工夫するととても良い読み聞かせ絵本であり、非常に質の高い教材だと思います。

    掲載日:2009/09/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子どもは子どもなりに受け止める

    • さわちゃんですさん
    • 40代
    • せんせい
    • 兵庫県
    • 女の子22歳、女の子17歳、女の子13歳

    非常に精密に、そして絵であるがゆえになぜか写真より、リアルに伝わってきます。

    まさしく、絵で読む。

    読み、伝えていかなければならない。

    掲載日:2008/12/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 世界中の子供たちに知ってほしい

    サイレンが鳴ったとき子供が「あれはなんの合図?」と聞いてきました。テレビでは多くの人が黙とうをささげていました。これをきっかけに子供は、原爆を知りたがるようになりました。難しいテーマですが、子供の興味を大事にしたいと思いました。司書さんが「小1の子供さんは、ショックを受けるかも」とおっしゃりながらすすめてくれた本です。子どもは絵をじーっと見ていました。私も説明はしませんでした。読み終えて、子どもはひとこと「こわい」と言いました。この本には歴史的なことや科学的な面からも、核のことをくわしく書いてあるので大人にとっても参考になります。広島の空に消えてしまった多くの方々の絵を見ると涙がでてきます。語り部のかたの言葉が心に突き刺さりました。「残酷なものを記憶していると生きていけない」「話せるのは語れる内容だから、つらすぎて語れないことがある」。この本を世界中の子供たちにも読んでもらいたいなと思いました

    掲載日:2007/08/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 戦後70年という節目の2015年。
    戦後60年の1995年に出版されたこの絵本を
    あらためて読む機会に恵まれました。
    第二次世界大戦や、太平洋戦争のことって
    社会で習ったといってもそれはほんの一部にしかすぎず、
    大人になって、何も知らない自分に愕然とします。
    この絵本は原爆をテーマに、広島原爆投下を
    きちんと歴史ととも『事実』として編集されています。
    実際に被爆された那須さんの克明な記述と、
    実際に広島に1年ほど住み込んで取材されたという画家の
    西村さん。
    戦争を知らない私たちができることは
    子どもたちにこういう本をきちんとタイミングよく
    手渡し、いっしょに学び考えることだと思います。
    目を背けていてはいけない歴史です。
    もう二度と戦争が起こらないように。
    広島や長崎のようになる場所が出ないように。

    掲載日:2015/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • まず読んでほしい一冊

    6年生の息子のこの夏の宿題が「戦争について深く考える」です。戦争の何を調べるのはまだ決まっていない模様ですが、

    息子の調べ物については私も一緒に本を読んでみるので、先に自分なりのリストを作っています。その中でこれは絶対に外せない本と思ったのがこの本。

    今のところ広島の原爆投下について描かれた本を多く読んでいるのですが、これは広島の原爆を調べようと思ったらまず読んでおいてほしい一冊だと思いました。

    広島に原爆が投下される前後のことだけでなく、原子爆弾、放射線障害などまで細かい解説があります。

    元々、広島を訪ねる修学旅行生のための事前学習のための本がないということがきっかけとなって生まれたこともあり、絵本としては84ページという分量です。

    図解もわかりやすく調べ物といったら、この本は必ずと読んでほしいと思いました。

    掲載日:2013/08/06

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語
  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット