たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

しあわせの王子」 みんなの声

しあわせの王子 原作:ワイルド
文・絵:いもと ようこ
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2007年01月
ISBN:9784323036076
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,150
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 子どもの頃にあまり本を読んでいなかったせいか、
    昔からあるみんなが知っているだろうお話、
    いわゆる名作をあまり覚えていません。

    このお話が好きだったなあ、と思い出し、もう一度読んでみました。

    悲しいけれど、優しい気持ちになれる本です。

    以前は、いもとようこさんの絵本はあまり好きではありませんでしたが、
    最近、いもとさんの世界名作シリーズなどに、はまっています。

    幼稚園児、小学生に読み聞かせをしているので、
    子ども達と読みたいと思います。

    掲載日:2016/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 名作

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    いもとさんの名作シリーズちょこちょこと読んでいます。
    こちらもよかったです。
    もともと好きなお話なのですが、いもとさんの描く絵がいいなーと思いました。
    段々と王子の宝石がなくなっていくさまが丁寧に描かれていて感じるものがありました。

    掲載日:2015/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 考えさせられますね!

    「しあわせの王子」優しくも悲しいお話ですが,子供にも読んでほしい絵本の1冊ですね。
    大人が読んでも奥が深いお話だな〜と改めて感じました。
    「しあわせ」とは。。そういうことを絵本を通して考えたり,とても大切なことですね。
    絵本のよさを感じさせてくれる絵本でもありました!
    いもとようこさんの絵もよかったです!

    掲載日:2015/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しい心

    超有名な世界の名作です。
    いもとようこさんの絵で、久しぶりに読んでみました。

    9歳の娘は初めて読む本で
    じっくりときいていましたが
    「神様は永遠の命をおあたえになった」という表現ながら
    実際は死んでしまうという悲しいラストを
    こんなに人々につくしていたのに・・救いがないと感じたようです。

    美しい心で、見返りを求めず、幸せを願う心を
    感じ取ってくれれば・・と思った一冊です。

    掲載日:2014/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • あの切ない、幸せの王子の物語を、いもとさんらしい優しい絵で作った本。王子の話のメインになるものが大体載っているのはすばらしい。ただ、ひとつだけ、、、ラストの神様がつばめと心臓を大切にした話、私が読んだバージョンでは神様がこの世で一番尊いものを持ってくるようにといったらこれをもってこられたというエピソードはなかったので、そこだけは残念でした。

    しかし王子は、これだけ自分を人に与えて、つばめも王子のために全てなげうって、尊い話だと思うのですが、すごく切ないです。いもとさんの絵は本当にピッタリきました。

    娘にもこういう優しい人になってほしいです。

    掲載日:2013/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 衝撃的な優しさ

    • ゆりんごんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、女の子1歳

    私自身が大好きだった絵本です。内容は漠然としか覚えていませんでしたが、王子とツバメの、献身的な施しで街の人を幸せにすると言うストーリーに、子供の頃衝撃を受けました。
    息子が5歳になり、この本を読んであげました。出てくる単語や内容が、まだ難しいようですが、繰り返し読むうちに、王子はなぜ自分の身を削って施しをしたのか、ツバメはなぜ南国に行くのをあきらめたのか、理解ができてきたようです。
    本当の意味が分かるのはもう少し先でしょうが、真の優しさ、神様に通じる行いについて、少しでも触れさせてあげることができ、良かったと思います。

    掲載日:2009/05/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • こういうのを探してた

    私の子供時代、寝る前の読み聞かせと言えば 
    アンデルセン、イソップなど定番の名作がほとんどで
    しかもす絵が中心ではない ぶあつい本を読んでもらっていたので
    時々見るペン画の挿絵でイメージをつかむ程度で
    あとは耳で聞いて頭で想像を膨らませて楽しんで聞いていた気がします。

    このしあわせの王子は
    私の中で思い描いていた絵がそのままふんわりした
    いもとようこさんの絵で描かれていたので
    とても気に入りました。

    普段 新しくて楽しい面白い絵本が多いのですが
    これを読んでいる時の子どもの様子は
    いつになく真剣な顔でじっとききいっており、
    読み終わると胸にじんときたようで
    珍しく少し涙ぐんだ様子でだまっていました。

    やはり名作はいい栄養です。
    もっともっと子どもに聞かせてやりたいと思いました。

    掲載日:2008/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しい気持ち

    • ミトミさん
    • 30代
    • ママ
    • 岐阜県
    • 女の子9歳、女の子7歳、男の子0歳

    像の王子さまが、ツバメに頼んで貧しい人達に
    自分の幸せを分けてあげるお話です。

    王子さまが、幸せを分けてあげる度に
    王子さまの大切なものがなくなってしまう。

    とても優しい王子さまの話を聞きながら、娘たちは
    「王子さまはそれで良いのかな〜?」
    「王子さまは大丈夫なの?」と、心配していました。

    でも王子さまの優しくて、素敵な気持ちを感じ
    娘たちも優しい気持ちになれたようです。

    いろいろな気持ちを感じれるとても素敵な本です。

    掲載日:2008/09/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心洗われるお話です

    • うまそうさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、男の子3歳

    ワイルドがこんな幼児・児童向けのお話を残しているとは知りませんでした。いもとようこさんの手による、世界名作シリーズを知ってから3冊目にこの『しあわせの王子』を読みました。

    年長の息子の正直な感想は「よくわからなかった」ということでしたが、読んでいる私の方が心洗われる感じでした。
    息子にとっては、ルビーやサファイアの宝石、貧しいという概念などなど理解がまだ及ばなかったんだと思います。ですが、「世の中に苦しんでいる人がいる」「自分のことは差し置いてでも苦しむ人々を助ける賢者もいる」ということが理解できるようになる小学生頃(?)には、ぜひまた読んであげたいと思います。

    こういう名作は、本当にいつ読んでもいいものですね。

    掲載日:2008/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • やるせない気持ち

    • ねがいさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子7歳、男の子2歳

    このやるせない物語が、小さい時から苦手でした。
    娘も、最後まで読んだ後、少しぐずぐず言いました。

    お話はわかるけど、心情的に「わかりたくない」という気持ち。
    納得できないんですよね。
    自分を投げうって良いことをした王子とつばめが、汚らしいと
    ゴミに捨てられるなんて!
    いくら天国にいけたとしても、あんまりなんじゃない!?って。

    ただ悲しいだけじゃない、こういう話を読むと、一歩成長の階段を
    上ったなあと感じます。

    掲載日:2008/05/22

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / むかしむかしとらとねこは… 中国のむかし話より / きらいさ きらい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット