なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

バラライカねずみのトラブロフ」 みんなの声

バラライカねずみのトラブロフ 作・絵:ジョン・バーニンガム
訳:せた ていじ
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,150+税
発行日:1978年
ISBN:9784593600441
評価スコア 4
評価ランキング 20,358
みんなの声 総数 2
「バラライカねずみのトラブロフ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • バラライカを聴いてみたい

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子9歳、男の子5歳

    バラライカとは、200年ほど前にできたロシアの楽器だそうです。弦が3本ついたギターのような楽器で、この本で見たのが初めてでした。どんな音を奏でるのでしょうか。聴いてみたくなりました。

    ヨーロッパのなかほどの、雪深い田舎にある酒場でのお話です。酒場では、ジプシーたちが演奏をしています。にぎやかな雰囲気が絵に醸し出されていて、とてもいい雰囲気です。

    ねずみのトラブロフは、演奏される音楽を聴いて育ちます。音楽が大好きになっていく様子がかわいらしくて、応援したくなりました。

    トラブロフのバラライカを弾けるようになりたいという熱意と、そして、家族を大事に思う愛情とが痛いほどよく伝わってきます。ねずみという小さな動物を、りっぱな生き物として取りあげたバーニンガムさんのあたたかい心が、うれしかったです。

    たくさんの人に読んでもらいたいと思います。

    掲載日:2008/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひたむきなねずみ

    バラライカって何だろう?と疑問に思って気になっていた絵本。
    バラライカとは、ギターに似たロシアの楽器のことでした。

    酒場にすむねずみ一家のこども、トラブロフは音楽が大好き。
    ジプシーのおじいさんがバラライカを教えてくれるというので、
    おとうさんにもおかあさんにも内緒で家を飛び出し、おじいさんについていきます。

    脇目もふらずバラライカの練習をするトラブロフの姿から、音楽を愛する気持ちが
    ひしひしと伝わってきました。
    そしてその熱意が、ねずみ一家に思わぬ幸運を招くことになるのです!
    頑張っていれば、神様がちゃんと見ていてくれる。そう思えるお話です(^^)

    掲載日:2007/08/28

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / かぼちゃスープ / こねこのチョコレート

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



子どもも大人も読み聞かせで大爆笑!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット