あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

まっくろちゃん」 みんなの声

まっくろちゃん 作・絵:こいわいさとこ
出版社:新風舎
本体価格:\1,400+税
発行日:2006年
ISBN:9784797484878
評価スコア 4.2
評価ランキング 15,749
みんなの声 総数 9
「まっくろちゃん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • まぎれもなく

    ネコです。
    表情、しぐさ、動き・・・どこをとっても、ネコそのものです。
    耳がいい!どれもこれも「そうそう、この角度!」
    まっくろちゃんが見つけた獲物・・・
    わたし達からは「うっ、、、」ですが、これもやっぱりネコだから。

    ネコの日常の1コマ。
    「ネコだよね」そんな感じの一冊です。

    掲載日:2013/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • インパクト大!

    真っ黒な猫ってインパクトがあって凄いと思うのに、この絵本は猫の習

    性を知り尽くした人が画いているだけあって猫の苦手な私は身震いしま

    した。ゴキブリの気持ちになって狙われたら怖いって印象ばかりで、猫

    が空を飛べないでよかったなあって思ってしまいました。

    猫好きな方には、とても好かれる絵本だと思いました。インパクト大で

    ドキドキしました。

    掲載日:2012/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 逃げろ!!

    ネコの習性を生かした絵本だと思いました!!この絵本にはゴキブリも登場してくるのですが、うちの子はゴキブリの味方で、ねこに捕まりそうになったら「逃げろ〜!!」とか「ダメ〜!!」って言って一生懸命でした。母は猫の味方です。

    掲載日:2012/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • まさしく、ねこ!

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    へっ!?絶版なんですか?

    図書室で、インパクトがあるので
    お借りしてきました

    ねこ好きには、たまらないのでは?

    絵?版画?
    あじがあります

    ねこの動きが、見事です

    なんということはないのですが(^^ゞ
    いいです

    掲載日:2011/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • そっちの黒ですか・・

    • リーパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子8歳、女の子6歳

    ネコの習性が書かれているのかなと思って読んでいたのですが、
    ただのネコの話と思ったら大間違い。
    なかなか考えているな〜と、思ってしまいました。

    まっくろなネコのいえの中の縄張りに侵入してきた黒いもの。
    すばしっこいけど、ネズミではなくて・・
    それは読んでからのお楽しみですよ(笑)。

    掲載日:2010/04/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねずみではなくゴキブリ!

    猫のまっくろちゃんの日常を描いたお話しです。
    まっくろちゃんが狙った獲物がゴキブリだったのが、意外でびっくりでした。でも、作者の「動物と四六時中暮らす人にしか描けない絵本がテーマ」という言葉を聞いて、なるほど・・・と納得しました。
    デザイン性の高い絵本でした。
    猫好きな子にはとにかくお勧めします。

    掲載日:2008/05/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 存在感

    この主人公こんなに存在感あっていいの?というくらい存在がありました。”おや?”と聞き耳を立てて目を見開いている様子は本物の猫みたいでした。本当にここの描写が素晴らしいと思いました。そして止まって歩いて止まって歩いている動作は絶妙な間の取り方で感心しました。余程猫を観察しなければ出来ない描写だと思いました。絵本だからこそ正確な描写をするという作者の心意気を感じとても嬉しかったです。最後の場面が一番のお気に入りです。“猫も空を飛べたらなぁ”とはいいです。猫の気持ちになった一言だと思いました。猫好きではなくても猫の魅力を十分に感じられる楽しい絵本だと思いました。

    掲載日:2007/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 猫の好きな方にはたまらないかも。

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子14歳、男の子10歳

    作者の こいわいさんは
    「動物と四六時中共に暮らす人しか描けない絵本を描く」
    というテーマをもって活動されているそうです。
    なるほど…確かに猫の特徴のとらえ方がすごい☆
    表情といい 
    絨毯で爪をバリバリさせる丸い手の感じといい
    獲物を取る時の構え方といい
    まさに猫そのものです。
    獲物がすごい!?のですが 
    猫が居ると
    家の中でこんな狩りが行われているのかな…
    本当だったら ちょっと怖いなぁ。

    近くで猫を見たような…そんな気持ちになりました。

    掲載日:2007/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 豊かな表情

    • キンコママさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子4歳、男の子3歳、男の子1歳、男の子0歳

    題名の通り黒いねこが出てきます。そのねこの動作と言ったら・・とても絵とは思えないくらいうまく表現されています。それにねこのパーツ毎に描かれていてリアルです。ねこの愛くるしさが伝わってきます。途中ごきぶりが出てきますが、子供達は「ねこがジャンプしてごきぶりとるかね〜」なんて期待しましたが・・・無理でした。黒いねこって悪いイメージがあるけれど、この絵本を見ればかわいいイメージに変わります。

    掲載日:2007/08/30

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.2)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット