ムーミンママのハンドバッグ ムーミンママのハンドバッグ
絵: リーナ&サミ・カーラ 文: カタリーナ・ヘイララ レーナ・ヤルヴェンパー 訳: 高橋 絵里香  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
原作の世界から飛び出した、持ち歩けるバッグ形のキュートな絵本。

うずらちゃんのかくれんぼ」 みんなの声

うずらちゃんのかくれんぼ 作:きもと ももこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1994年02月
ISBN:9784834012309
評価スコア 4.77
評価ランキング 499
みんなの声 総数 435
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

435件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • じゃぁけぇぽ♪あぃこぉしょ〜♪

    1歳2ヶ月のとき、おばあちゃんにもらいました。

    その頃から大好きで大好きで、どこがそんなに気に入ったのだろうと不思議なくらい何度も読まされました。

    まだ文章は読んでやっていません。「かくれんぼしよう!」「もういいかい」「まぁだだよ」・・・程度の話をしながらめくるだけなのですが。。。
    カエルがピョーンと出てくると、「わぁぁ!」とびっくりしたり、
    雨が降ってきてウズラちゃんたちが泣いていると、「えんえん」と泣くまねをしたり。お話の世界に浸っています。

    このお話のおかげで「じゃぁけぇぽ♪あぃこぉしょ♪」がいえるようになりました(笑)

    今、1歳6ヶ月ですが、やっと、かくれているウズラちゃんたちを見つけて指差すようになりました。

    掲載日:2010/01/18

    参考になりました
    感謝
    3
  • 大喜び

    • ほしのさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 女の子4歳、男の子1歳

    上の子が、今の下の子、一歳七ヶ月くらいだった時に買った絵本です。
    当時、上の子もお気に入りでした。

    「きんぎょがにげた」と似ていると書かれていらっしゃる方もいますが、私はこれまで類似点を意識したことはなかったのですが、下の子が「きんぎょがにげた」をとても喜んだので、ふと、だったらこちらも喜ぶかなと思い立ち、本棚から出してきたのがこの本。
    やっぱり、私の中でも似ていると感じていたんでしょうね。

    で、読んでみたら、大当たりです。
    大喜びです。
    こちらは、探す対象が、うずらちゃんとひよこちゃんの二人です。
    指をさして、声を出して喜んでいます。
    かくれんぼしていない、普通のうずらちゃんとひよこちゃんも指差して喜んでいます。

    上の子はもう四歳で、簡単すぎて、自分のために読みはしませんが、保護者気分で、弟がうずらちゃんやひよこちゃんを探すのを見守っています。

    掲載日:2009/09/10

    参考になりました
    感謝
    3
  • どこにかくれたのかなあ?

    息子が1歳のときに祖母から贈られました。

    うずらちゃんとひよこちゃんがかくれんぼをします。
    そのうち雨が降って来て
    『おうちにかえれないよう』と泣いていると大きな影が!!
    おばけ?いえいえそれは…

    とにかく絵が可愛くて、読むとほのぼのします。
    息子は
    『どこにかくれたのかなあ?』のセリフがお気に入り。
    そして、一緒に隠れているのはどこか探し
    見つけると嬉しそうに
    『ここ!』と指差して教えてくれました。
    また、おかあさんが迎えに来てくれたときには
    『よかったねえ』とニコニコでした。
    隠れているところをさがす部分など
    ちょっと可愛い仕掛け絵本、といった感じで読むことが出来ます。


    この絵本は祖母から贈られただけでなく
    私の伯母、友人からも贈られて3冊になってしまいました。
    良い絵本というのは
    誰もが手に取るものなのだと改めて思いました。

    掲載日:2008/10/03

    参考になりました
    感謝
    3
  • こんなに喜ぶなんて。

    • あべ吉さん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 男の子2歳

    愛子さんのお気に入りということで話題になったこの絵本。誰もが持っているのではないかと言うくらい、人気になって本屋でもこの本だけはドーンとうず高く積まれていたのを覚えていますが、天邪鬼の私はそれが逆に気になって買わなかったんです。

    でも、このクリスマスに友人から息子へプレゼント頂き、初めて読み聞かせてみたところ、すごく喜んでいるではありませんか! 何度も何度も読んで!とせがまれ、びっくり。
    これならもっと早くに買っておけばよかったなぁなんて思いました。 ちょうど、かくれんぼ遊びを覚え、ひとりでまねっこして遊ぶようになった時期と重なったので、より親近感があったようです。 

    絵もカラフルで、うずらちゃんとひよこちゃんがすごくかわいいです。 雨が降ってきてさびしくなってしまうところでは、息子も一緒にドキドキ。 そして最後にお母さんが迎えに来てくれて一安心するところでは、一緒にホッとして、にっこり。 そして、最後のページで彼の大好きなカエルがさり気に手を振っているのを見つけたときは、大興奮! うずらちゃんとひよこちゃんを探すのもたのしいし、息子にとっては、すぐお気に入り絵本の仲間入りになりました。

    掲載日:2007/01/19

    参考になりました
    感謝
    3
  • この本愛して6年目♪

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子3歳

    愛子様が読まれてる絵本と聞いて
    本屋さんへ買いに行きました。
    当時話題の本だったので平台山済みでした。

    ストーリーは「じゃんけんぽん」、「どこにかくれたのかな〜」
    の繰り返しパターンで
    うずらちゃんもひよこちゃんも
    みごとな隠れっぷり!!
    色も鮮やかで0歳からでもしっかり見えるのでないかと思います。

    この絵本は我が家の古株なので
    だいぶかじられ、テープだらけですが
    今でも大切に読んでいます。

    掲載日:2010/10/05

    参考になりました
    感謝
    2
  • この本から!

    この本と出会って読み聞かせの楽しさを感じることができるようになりました。今まではこどもの反応もあまりなく、なんとなく読んでいるって感じだったので・・・。


    うすらちゃん、ひよこちゃんやカエルが隠れているところを指でさして教えてくれます(こんな事ができるようになっていたなんて!)何回読んでも飽きずに喜びます。


    絵もカラフルでかわいくて好きです。細かなところに遊びゴコロがあってお気に入りの本になりました。

    掲載日:2010/07/27

    参考になりました
    感謝
    2
  • ストーリー絵本への最初の一歩

    2歳になったばかりの息子が図書館で見つけ、保育園で読んだことがあったらしく、「あ!これ読む」と持ってきました。すでに知っていたらしく、「もーいーかい、まーだだよ」などと読んでくれました。

    これまでは、読み聞かせる親が語りかける口調の絵本(うちにある絵本の中から例を挙げると、『おつきさまこんばんは』、『くっついた』など)や、会話だけで成り立っている絵本(例えば『ぞうくんのさんぽ』『こんにちは』など)が息子の絵本の主流でした。そろそろストーリーのある絵本、つまり第三者が状況を語っている絵本を楽しめるようになるかな、と思っていたところだったのです。

    そんな絵本の最初の一歩にするにはぴったりの絵本だと思います。ページあたりの字数が少なく、絵もくっきり、子供が知っているかくれんぼのかけ声、木から落ちるなどの分かりやすいハプニング、最後は不安に襲われるけど、お母さんが現れて安心するという内容。状況説明と会話のバランスもちょうど良いです。

    息子は会話の真似だけではなく、場面が変わる説明もすぐにできるようになりました。

    個人的には、そんな息子のような時期に向いているのが、この本と、もう一つは『おおきなかぶ』だと思っています。

    掲載日:2010/07/07

    参考になりました
    感謝
    2
  • 表情がかわいい

    1歳9ヶ月頃に初めてパパが買ってきてくれた絵本です。
    ちょうど「きんぎょがにげた」が大好きだっったので、この本を選んできたんだと思います。

    娘はすぐに気に入りました。
    あっという間に隠れているうずらちゃんとひよこちゃんを見つけ出しました。
    「もーいーかい」「まーだだよ」
    この場面はいつも一緒に声をだして読んでいます。
    そして、なんと言ってもうずらちゃんとひよこちゃんの表情がとっても可愛いです。
    娘は表情を真似したり、目が(××)の表情を見て「痛いねー」と言ったりしています。
    当時1歳だった娘はストーリーのある絵本がまだ苦手だったのですが、この絵本は楽しんで読むことが出来ました。

    掲載日:2010/06/15

    参考になりました
    感謝
    2
  • 絵もストーリーもほのぼの

    ひよこちゃんもうずらちゃんの表情がもとても可愛く,絵もストーリーもほのぼのとしていて優しい気持ちになれる絵本です。

    初めて読んであげた時にはまだ,かくれんぼがよくわかってなかった息子ですが,すぐにわかるようになって面白いようでした。
    言葉が話せるようになった時には,絵本を思い出したかのように「みつけた!」と,かくれんぼもしていないのに話しては一人で楽しんでました。

    愛子様のお気に入りとうことで読んでみましたが,親の私がとても気に入ってしまった絵本です。

    掲載日:2010/06/09

    参考になりました
    感謝
    2
  • カラフルで優しい絵に惹かれました

    • 884さん
    • 30代
    • ママ
    • 富山県
    • 女の子2歳

    よく愛子様が持っていらした映像をニュースなどで見て知ってはいましたが、今回書店で立ち読みして購入に至りました。

    他のかくれんぼ系の絵本ではまだ上手に見つけられない娘でしたが、この絵本では上手にうずらちゃんやひよこちゃんを見つけてくれ、買って大正解だったと思っています。
    ちょうど家事などをしている私をみつけては「み〜つけた」と言って遊んでいる娘のタイミングにもちょうど重なって良かったんだと思います。
    うずらちゃんやひよこちゃんのこっけいな隠れ方には、大人の私もなんだかほっこりさせられてしまいます♪

    掲載日:2010/01/18

    参考になりました
    感謝
    2

435件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くっついた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



寝かしつけに最適な水中絵本

みんなの声(435人)

絵本の評価(4.77)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット