ぼくたち、いちばん! ぼくたち、いちばん!
文: ジェーン・イーグランド 絵: 東條 琴枝 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

ワニのライルとなぞの手紙」 みんなの声

ワニのライルとなぞの手紙 作・絵:バーナード・ウェーバー
訳:小杉 佐恵子
出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,456+税
発行日:1984年
ISBN:9784477162843
評価スコア 3.5
評価ランキング 32,187
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • オチが予測できるのが残念

    みんなの人気者のライルの元に、「あんたなんか、だいきらい」という手紙が届きます。

    人から憎まれているなんて思ったことのないライルは、笑う練習をしたり前よりも一層皆に親切にしたりします。

    ライルがみんなに好かれようと努力して疲れきってしまうところには同情しましたが、万人に好かれようとする努力する姿にはちょっと疑問?そんなに良い子を目指さなくてもいいのでは?嫌われているのはいやだけど、誰にでも好かれるのには無理があるのでは?と思いました。

    プリムの奥さんが今回も活躍します。ワイルの一番の協力者で、本当にワイルのことを思っていることが伝わってきます。

    プリムの奥さんが、ワニ嫌いのヒプルさんを家に招いてライルとの仲をとりもとうとするのに、ライルが緊張しすぎて洋服ダンスの中に隠れてしまうのには笑えました。この気持ちわかります。

    毎回のことながら、「終わりよければすべてよし」という展開です。ただ今回は、ライルが海に行った時点で最後のオチがわかってしまった所が残念でした。

    掲載日:2007/09/05

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


怪盗ルパンとのはじめての出会いにも!厳選の名作短編

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット