あめあめふれふれ ねずみくん あめあめふれふれ ねずみくん
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
雨がふってきたので、カサをさしたねずみくん。ところが仲間がつぎつぎやってきて、「カサなんていらないよ!」しょんぼりしていたねずみくんですが……。

ぞうのマハギリ」 みんなの声

ぞうのマハギリ 作:ケシャブ・シャンカール・ピライ
絵:プラク・ビスワス
訳:みやちとしこ
出版社:グランまま社 グランまま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2002年05月
ISBN:9784906195459
評価スコア 3
評価ランキング 38,239
みんなの声 総数 2
「ぞうのマハギリ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • インドの民話

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    40年以上前に書かれた絵本です。
    民話と表紙に書いてありましたが、民話のような感じがしません。

    力持ちで働き者の象マハギリは、人間の助けをして働いていました。
    お祭りで旗を立てる柱を、森から運び穴にさす仕事をします。
    しかし、運んできたのになかなか穴にさしません。
    象使いにムチで叩かれても、ナイフで首を刺されても。
    この時の描写に胸が痛みました。
    民話や昔話では、痛みなどの感情が描かれないものです。

    どうして、マハギリが穴にささなかったのか、それは穴の中に子ネコがいたからです。
    しゃべられない象だから、伝えられなかったのですね。かわいそうでした。

    賢い象のおはなしですが、読み終わってすっきりしませんでした。

    掲載日:2009/03/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 成り立ちや背景を知りたい

    インドではぞうは神聖な動物だということを聞いていますが、ぞうつかいが言うことを利かせるために、むちやナイフを使うのはむごいなあと思いました。

    ねずみを助けようとするマハギリの心の優しさには心打たれるものがありました。

    民話ということですが、何かしらの教訓のようなものがあるのでしょうか?

    このお話ができた成り立ちや背景を知りたいなあと思いました。

    掲載日:2007/09/05

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『にじいろのネジ』安田真奈さん、はりたつおさん、河野裕さん

みんなの声(2人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット