ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

どうしてカはみみのそばでぶんぶんいうの?」 みんなの声

どうしてカはみみのそばでぶんぶんいうの? 作:ヴェルナ・アールデマ
絵:レオ・ディロン ダイアン・ディロン
訳:八木田 宜子
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:1978年
ISBN:9784593500192
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,047
みんなの声 総数 7
「どうしてカはみみのそばでぶんぶんいうの?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • オチがサイコーです

    カが耳もとでブンブン言っているのは、とんでもないおおぼらだったのですね。
    その意味が何かと考えていたら、話はとんでもない方向へ向かいます。
    カがブンブン言ったせいで、フクロウの子どもが死んでしまい、夜も明けなくなってしまいました。
    とんだ濡れ衣でしたが、最後のオチにはビックリです。
    カが何を言おうと、ブンブン言ったら耳障りなのは間違いありません。

    掲載日:2016/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怒ってる?(笑)

    • わにぼうさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子8歳、男の子4歳

    どうして◎◎なの?それはねっていうお話はよくあるし、
    一番好きなのは「にんじん ごぼう だいこん」なのですが、
    いや〜、笑えます。

    最初のイグワナの耳栓にも笑えるのですが、
    それがどんどん大変なことになっていって・・・。

    兄ちゃんも次男坊もおうさまライオンの動物会議のところまで
    黙って聞き入ってました。

    そして、容疑者(笑)が一人ずつ呼ばれて・・・。

    最後のオチのところは大笑いでした。

    アフリカ民話を基にしたものらしいですが、
    ほんとうにイイ味出してますよ〜。

    今度からカが耳のそばでブンブン言ったら、
    「怒ってる」って言ってやろうと思ってます。

    掲載日:2011/07/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な昔話

    題名が由来ものの昔話のようだったので興味を持ちました。

    カのお話ということで虫が気になる息子が私に読み聞かせしてくれました。

    次々と連なって行くのがおもしろい不思議なお話だと思いました。

    動物たちが動く時の様子を表す言葉が「ばたみん」「ぺん」など独特で
    その言葉に惹かれました。

    絵も個性的で独特で、タイトル共に惹かれます。不思議な世界を醸し出していると思いました。

    掲載日:2010/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 悪気はなかったのにね・・・

    • イザリウオさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子10歳、男の子8歳

    夏になると、いっぱい出てきて迷惑なカ。

    はっきり言って、あまり好きではないけれど、おもしろそうな題名にひかれて読んでみました。

    なるほど、なんで耳もとなのか。むかしむかしにしでかした、カの悪戯が原因だったのです。

    気の小さいカはそれからず〜っと、みんなの顔色を伺っているんだって。

    なんだかかわいそうになっちゃいますね(笑)。

    おはなしは面白いけど、ちょっとまわりくどいかんじ。
    小学校中学年以上向きかな。

    掲載日:2010/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 引き込まれていました☆

    • みぽみぽさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 女の子13歳、女の子9歳、女の子4歳

    きれいな絵。 なんだか独特な絵の世界にどんどん娘も引き込まれていきました。

    カのついたつまらない嘘が どんどん いろんなことへとつながっていくスピード感。王さまライオンを中心とした動物の世界。
     「え?」
    っという感じで 一生懸命ついて行っているような感じでした。

    その中で面白いのが動物たちが動くときの擬音語。

    りむりむりむりむ
    ばたみんばたみん
    くりっくくりっく
    ぺんぺんぺん
    わさうすわさうす
    ぷらっぷぷらっぷ

    娘はとってもお気に入り。

    最後の結末も納得納得・・な娘でした。

    掲載日:2008/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • カへの返事

    タイトルを見たとたん、すぐに知りたくなりました。夏の間中、朝から晩までみんなを悩ます「カ」の秘密がわかると思ったのですが、、、最後は笑い話で終わってしまいました。
    それにしても「カ」は日本でもアフリカでも同じような「返事」をもらっているんだな、とおかしくなってきました。

    アフリカの美術的な絵がとても迫力あって美しいです。子どもは爬虫類が好きなので、色あざやかなイグワナやニシキヘビをとても気にいってました。おうさまライオンのもとで、イグワナの耳から枝をぬく場面があります。そこでは動物たちの表情がみんなけわしいのですが、なんとくユーモアがあって笑えてきます。オノマトペも独特で楽しめます。

    掲載日:2007/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 西アフリカの民話です

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    カがばかばかしい話をするので、イグアナは耳に木の枝をつっこんでしまいます。
    そのせいで、いろんな動物が次々と勘違いをし、悲しい事故がおきてしまいます。

    裁判でカに原因があるとわかり、カは逃げ出します。
    そして、人間の耳元でぶんぶんといって、人間に「みんながまだおこっているか」尋ねます。
    そのあと、カはどうなったのでしょう。

    いろいろな擬音がでてきて、絵も不思議な雰囲気で楽しい本です。

    掲載日:2007/09/05

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / くれよんのくろくん / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / ぴょーん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット