雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

明るく斬新なイラスト
賢治がずっと思っていたこと、こうありた…

おつきさまにぼうしを」 みんなの声

おつきさまにぼうしを 作:シュールト・コイパー
絵:ヤン・ユッテ
訳:野坂 悦子
出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2007年02月
ISBN:9784894235311
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,441
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • イラストが好みで購入しましたが

    表紙のイラストのみを見て購入しましたが、面白かったです。
    キャラクターに個性があるので、
    読み始めてすぐに、引き込まれました。
    文字が多いので、自分で文字を読める年齢のお子さん向けかとは思いますが
    のんびり、少しずつ楽しみながら読むのも良さそうです。

    掲載日:2016/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 頑張る姿がかわいい絵本

    このお話は、ワニと鶏とサルという変わった組み合わせの三匹がお月様に自分たちの毛糸の帽子とマフラーを巻いてあげようと頑張るお話でした。でも、もちろんお月様まではとても遠いのでむりでした。そこで三匹は空に浮かんでいたふわふわの雲を吹いてお月様にあったまってもらいました。最後まで頑張る姿がとっても素敵な絵本でした。

    掲載日:2015/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもは気に入ったみたい

    可愛らしい表紙の絵に惹かれて手に取りました。
    サルとワニとメンドリが、みんなで協力してお月様にマフラーと帽子をあげようと奮闘するおはなしです。
    ドアノブさえ届かない3人のドタバタは、大人はイマイチよくわからないのですが、子どもはとても楽しいようで、5歳の息子も7歳の娘もニコニコしながら聞いていました。
    帽子とマフラーをしたおつきさまを眺める3人の満足そうな顔は、とてもかわいかったです。

    掲載日:2014/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心が温まります

    寒い日に、ワニと猿と鶏がお月様に帽子やマフラーをあげようとする話。届かないので、雲をフーフーして雲のマフラーや帽子や手袋をつけてあげるんです。こころが温まります。

    個人的にはワニの空気抜きでウケました。

    掲載日:2011/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しい!

    寒い夜空にお月様もきっと寒いだろうなあってサルとワニとメンドリの3匹がお月様を心配します。自分たちが身につけているメンドリは帽子、ワニはマフラー、サルはてぶくろをお月様に届けようと検討中の3匹の気持ちがとても優しくて思いやりがあって読んでいても優しい気持ちになれます。3匹が協力してお月様に届けるのが見所です。ネコ穴から太っちょのワニの空気を抜いて無事に通れたらまた空気をいれたら前よりももっと太っちょになったのがとても面白いと思いました。気配り、思いやり、優しい気持ちがとっても嬉しい絵本です。

    掲載日:2011/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • オランダでも 日本でも お月様をみる思いは同じなのですね!


    寒い冬の夜空におつきさま  とっても寒そうに思えたのでしょうね!

    登場する、優しい ワニ サル メンドリは お月様にも 自分たちのように、マフラー 手袋 帽子をかぶせてあげたいと思うのです。

     優しい思い お話のワニたちの思いと 行動が おもしろくて・・・
     ドアが高くて開けられない(努力の姿)  あら!  ネコの通る ドアの窓から出るのに気づくの・・・・

    なんと 大きなワニは 空気を抜いてもらうのは笑えます!
    マンガの世界  でも 協力しているのがかわいい!

    空気が抜けたワニに 又空気を入れるのも納得

     サルとメンドリの協力が良いです!!

    メンドリは 寒がりなの?
    帽子をかぶって 顔が見えない(一度だけ見えたよ)

    三にんのおつきさまへの思いが 何とも優しくて 雲に向かって 行きを吹くところなんか 優しく かわいい!(絵が かわいいのですね)

    この優しさは 大事ですね!

    お月様を いつも見ていて 「おつきさま だいすき ときどき りんごにそっくりだ バナナにそっくりだ」

    この 言葉に 三人の優しさを感じ お月様をいつも見ているのが分かりますよ。( 共感!)

    三人は お月様が 雲の帽子をかぶったのをみて 幸せそう
    やっぱり やり遂げた喜びが感じられますね
    おや?  ネコが ピアノを弾くのも おもしろいです(ネコの登場もみのがせませんよ)

       不思議だけれども 優しい気持ちの絵本だな〜 (絵本の世界は やっぱり おもしろい)  

    掲載日:2011/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • メンドリはどうしてぼうしをかぶっているんだろうと思いました。大きくて前がみえないのにです。

    ワニがせまいところをとおったら、くうきがぬけちゃうからおもしろかったです。

    ワニってくうきがぬけるのかな。

    どうやって月にぼうしをかけるのかなあって思いました。

    ワニの上にさるがのって、さるの上にメンドリがのっても、まだせがひくくてつきにとどかないから、下にだいとかおけばいいのにって思いました。

    掲載日:2009/08/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと不思議な物語

    ぼうしをふかくかぶったままで顔が見えずに「くらい、くらい」と言うメンドリ。(途中で帽子が取れます)
    ちょっと太り気味のワニは、狭い入り口を出るためにプシュ〜ッと空気を抜き、外に出てから「フーッ、フーッ」と空気を入れてもらったり。
    ネコが4つ足でピアノを弾いたり。
    なんだか独特で不思議な空気が流れている絵本です。

    寒そうなお月様に帽子をあげようとするやさしい3匹。
    高い空の上にいるお月様になんとか届けようと工夫しますがうまくいきません。
    最後のなかなかおもしろいアイデアで、無事お月様に届けることができます。

    オランダ独特の空気なのでしょうか、ちょっと変わった物語です。
    お話も長めですが、不思議な世界に入り込めば長さは感じないでしょう。
    冬の寒い夜、お月様を見ながらこの絵本を読んで、子供と一緒に空想の世界へ入ってみませんか。

    掲載日:2008/02/19

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット