庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

いっぽくんのこんにちは」 みんなの声

いっぽくんのこんにちは 作・絵:とよた かずひこ
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\714+税
発行日:2005年
ISBN:9784591087879
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,431
みんなの声 総数 8
「いっぽくんのこんにちは」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • そうそう

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    いっぽくんシリーズのあいさつのお話ですが、そうそう子供ってそうだよなぁ〜って様子が現れた絵本なので、ママたちの共感を得ます
    いつもできる「バイバイ」が、いざとなると出来ない子供を良く見かけます
    そんなもんかな〜と小さな子供の様子をよく観察している作者の気持ちが伝わってくるようなお話です

    掲載日:2010/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • あいさつ

    あいさつ本。いっぽくんがいろんな動物にあいさつをするが、特に反応がなく、つまらなく感じる。ところが、いざ大人がいっぽくんにあいさつをすると、いっぽくんは無視してしまう。代わりに心の中で「こんにちは」とつぶやくというお話。

    大人の世界でも、あるあると思う話。娘には、きちんとあいさつができる人間に育ってほしいな。

    いっぽくんが「こんにちは」を繰り返すたびに、娘はうれしそうに笑う。いっぽくんにあいさつされたカラスがバサバサと飛んでいくシーンは声を上げて大笑い。反応するところが、違う気もするけど・・・(苦笑)。きっとカラスが飛んでいく時の羽根音が楽しかったんだね。

    掲載日:2009/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子ども目線の『あいさつ』

    大きい声であいさつが出来ない、2歳の娘と重ね合わせてほほえましく思いながら読んだ絵本です。

    あいさつをしてもお返事をしてくれない、ありやかえる、からすなどに「ちぇっ つまんないの」とがっかりするいっぽ君。
    でも、とおりすがりのおばさんに挨拶をされて、上手に言えなかったいっぽくんのとまどいやはずかしさなどが、ほのぼのと伝わってきます。

    娘にも、子供の目線で『あいさつ』を教えられ、シンプルな言葉や表情の中にも温かさが伝わってくる絵本です。

    掲載日:2009/09/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • いっぽくんに教えてもらう。

    前回いっぽくんに「ただいま」を教えてもらったので、
    今度は「こんにちは」を教えてもらうことにしました。
    思ったとおり真似をして 同じように丁寧にお辞儀してくれました。
    まだまだ、いっぽくんと同じで よその人には「こんにちは」は
    言えないけど、心の中で言ってるのかなあと思って読みました。

    掲載日:2009/07/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 挨拶

    いっぽくん、「こんにちは」って、ありさん、かえるさん、ねこさん、からすさんに挨拶してるのに、相手に挨拶してもらえずにがっかりです。いっぽくんの気持ちがとてもよくわかりました。挨拶することの大切さを学べました。いっぽくん、「こんにちは」っておばさんから挨拶されたのに恥ずかしくって言えなかったことも理解できました。とっさに挨拶できるようにしたいと思いました。いっぽくんの挨拶がとても元気で心のこもった挨拶を見習いたいと思いました。

    掲載日:2009/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気持ちがわかる。

    あいさつって言うのはきもちがいいね。
    そして返ってくるのもうれしいよね。

    あいさつすることを教えてくれる絵本です。
    いっぽくんは動物達にあいさつをします。でも
    だれも返事は返ってきません。

    最後はいっぽくんはあいさつをされてしまいます。
    果たして返事はできるかな?

    いっぽくんの気持ちが絵に表現されていてわかりやすい
    絵本です。

    掲載日:2008/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • とよたかずひこさんの作品

    以前にも同作者の絵本を読んだ事があります。彼の世界は独特でこの絵本からも彼の醸し出す独特な世界の空気が流れてきました。主人公の男の子は恥ずかしがり屋だけれど皆に挨拶しているところが良かったです。挨拶を返してもらえなくてもかまわずに挨拶を継続してしているところが良かったです。継続していればこれからは自然と挨拶が出来るようになると思うので娘にも主人公を見習ってほしいものです。

    掲載日:2008/03/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごく納得してしまいました!

    ありさんやねこさんにきちんとご挨拶するいっぽくん。でもみんな何も答えてくれません…むっつりしたいっぽくんの表情に私も娘も「や〜ね。かわいそう!」とうなづきながら納得。でも逆にお友達のママから挨拶されたいっぽくんは黙ってしまいます…。娘もその場面では複雑そうな顔で何も答えてくれませんでした。小さい子供によくありがちな独特な心理がよく描かれていて、うちの子もそう!と思うママは多いのではないでしょうか。

    掲載日:2007/09/07

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット