貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

「きかんしゃジェームズとどろんこゴードン」 みんなの声

きかんしゃジェームズとどろんこゴードン 作:W・オードリー
出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 1
「きかんしゃジェームズとどろんこゴードン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 機関車二台で頑張る姿

    きかんしゃトーマスのアニメ絵本です。

    今回の主役はジェームズとゴードンです。もうすぐ3歳になる息子はゴードンの言動が大好きで、ゴードンがジェームズをどろんこにしちゃったり、威張ってばかりいるのにちょっと間抜けなことをしたり言ったりするシーンに笑っていました。
    でも、坂道でジェームズが重たい急行を引っ張れなくなって後ずさりを始めたところでは、自分がジェームズを助ける!と言って、お話に引き込まれていました。
    その後のゴードンがやってきて二台が協力して急行を引っ張るシーンも、とてもまじめな顔をして絵本を見ていました。

    坂道だから車輪が滑って走れなくなるとか、途中で動けなくなって別の機関車が助けにくるとか、現代では考えられないくらいのどかな話ですが、ソドー島のゆったりとした時間の流れが伝わってくるようです。

    掲載日:2007/11/01

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


しかけをめくると、大へんしん! 『ドアをあけたら』しまだともみさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット