たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

クリスマスのまえのばん」 みんなの声

クリスマスのまえのばん 詩:クレメント・クラーク・ムーア
絵:リスベート・ツヴェルガー
訳:江國 香織
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2006年10月
ISBN:9784776402022
評価スコア 4
評価ランキング 19,498
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 江國さんの翻訳が。

    図書館で借りて読みました。
    絵がとても好きで読んだのですが、翻訳につっかかってしまって、
    確認したら江國さん.....。

    (江國さんの著書は好きなんですけど、
    翻訳は読みにくいなと思うことが多いのです)
    買いたいけれど購入に至れず.....ジレンマです。

    子供達が眠る絵の文章で、 

    「ママはスカーフであたまをつつみ、わたしはわたしでぼうしをかぶり、
    ふゆのよるのながいねむりに、ちょうどついたところでした」

    とあり、

    だれだろう、帽子をかぶってる子はいないな...と次のページをめくると、
    帽子をかぶった男の人と、昔、外国の映画でよく見るような、
    ネグリジェにかぶるようなフリルのついた帽子をかぶった女の人。

    あれ、スカーフじゃないけれど、この人がママ?
    でも男の人だからママって言ってるけど奥さんなのかな?
    日本の夫婦がパパママって呼び合ってる文化をここに反映させたのか?

    と、他にも読点が無駄に多かったり、不自然な訳し方のおかげで
    脳内変換がなんども必要で、読み終わるまでにちょっと疲れてしまいます。
    子供に読むには向いていないかと思います。

    江國さん独特の世界観と翻訳文がちぐはぐで
    バランスの悪さは読むのが辛いです。

    悪いところばかり書いてしまいましたが
    リスベートツヴェルガーさんの絵が本当に好きなので
    多少ハードルは上げてるのかもしれません。

    江國さんの文章が持つ空気は、
    クラッシックな絵本のイメージに合ってると思います。

    掲載日:2017/10/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい小人のおじいさん

    とてもクラシックなイメージのクリスマス絵本です。
    子供たちはすっかり眠っているのでしょう。
    かあさんも。
    父さんだけが、そりの鈴の音に気付いて、起きて窓辺に行ったのです。
    すると、小人の陽気なおじいさんが、8頭のトナカイにひかせたそりで
    空をかけてやってきました。
    やってきたサンタの様子が細かく描写されています。
    この絵本では、言い伝えの通り、セント・ニコラウスで、描かれています。

    掲載日:2016/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 静かで素敵な絵本です。

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、女の子5歳

    クリスマス月間に5歳の娘と読みました。

    絵も美しく、江國香織さんの訳も絵にまたぴったりで、
    寝る前にベッドで読むにはとってもぴったりの一冊。

    さむーい時期にあたたかいベッドで娘と二人、
    クリスマスを題材とした静かで素敵な絵と文の絵本。
    理想的な過ごし方ができとてもうれしく思いました。

    絵本の内容は、というと、二人ともなんだかまったりしすぎて
    あまり追求はしてないのですが、

    「セントニコラスってサンタクロースのこと?」
    「この物語の主人公ってだれなんだろう?」
    「ねずみさんだよ」
    「あれ、この赤と白のストライプのパジャマの人は???」

    と、いろいろと疑問が残りました。

    調べてみると有名なお話で、
    他にも絵本がたくさんでているようですね。
    クリスマスが終わる前までに、他の本も是非、
    娘と読み比べをしてみようと思います。

    掲載日:2016/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 好みですね!

    一時的なものではなく,長く読めるクリスマス絵本を子供に飼ってあげたいと思い,こちらを手に取ってみました。
    こちらの絵本,サンタクロースではなく「セントニコラス」という名前で出てきます。そこを子供がどう受け入れてくれるか(笑)。
    雪の結晶のカタチや金色をたくさん使ったイラストが印象的な絵本でした!
    クレメントクラークムーアの詩の絵本は他も出ているので,読み比べてみるのも面白いですね。
    イラストや訳で,ずいぶん雰囲気も違ってくると思うので☆

    掲載日:2015/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゴールドが印象的な絵

    この絵本の中では、サンタクロースという言葉は一切出てこなくて「セント・ニコラス」と呼ばれています。
    なので、子供は少し混乱していました。「サンタさんじゃないの?」と。
    絵が上品な雰囲気で、特に、ゴールドが印象的だったと思います。

    掲載日:2012/12/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • カレイドスコープ(万華鏡)!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    アメリカではおなじみのクレメント・クラーク・ムーアの詩に、
    リスベート・ツヴェルガー<オーストリア>の画家が絵をつけている作品です。
    彼女自身が版画家の娘だからなのか、表現力がとても個性的でした。
    雪の結晶のようにそこかしこにさり気なく描かれているトナカイや妖精(もしくは子どもの)絵!
    この描き方(雪の結晶のような形)はまさに「カレイドスコープ(万華鏡)」を見ているようでした。
    そして、作中で『金色』の部分だけが、金粉か何か特殊な金を使っていました。
    そこもすごくインパクトがあって、魅力的でした。
    この詩を使っている絵本は何作か読んできましたが、この作品は中でも、とても現代的で個性的な素敵な絵本だと思います。

    掲載日:2012/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • クリスマスらしい絵本

    一度この『クリスマスのまえのばん』を全部並べて絵や文章を読み比べてみたいと思っていました。

    ちょうど、デンデロワ絵のものとツヴェルガー絵のものがあり、二冊を読んでみることに。

    デンデロワ絵のものは、ユーモラスでコケティッシュな魅力があるセントニコラスで、ニコラスの衣装が黒いんですよ。

    こちらのツヴェルガーの絵本は、絵が格調が高くて美しいです。

    表紙に眠っている子どもたちなのがツヴェルガーらしいというのか、前面にセントニコラスが出て来ません。

    こちらのセントニコラスは、茶目っ毛がありいたずらっぽい表情です。

    最終的には好みということになるんでしょうけれど、私はツヴェルガーの美しい絵が好きなので、絵を見てその世界観にどっぷりと浸りました。

    今年はデュポアザンが『クリスマスのまえのよる』としてこのムーアの文に絵をつけた絵本もあるようなので、今度はターシャの絵の本も含めて比較ができたらいいなあと思っています。

    とてもクリスマスらしい絵本で、「すべてのひとにたのしいクリスマスを」と思います。

    掲載日:2011/12/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 静かにほんわか

     サンタクロースがセントニコラスという名前で登場します。幻想的なのに、リアルな不思議な絵がツヴェルガーさんらしくてすてきです。金色のさし色がとても効果的だなと思いました。

     雪の結晶をよく見ると、トナカイや子どもたちになっているのも、おもしろいです。
     セントニコラスとトナカイが空に帰っていく時、
    「綿毛のように とんでいきました」という言葉が印象的でした。
     静かにほんわかこころがあたたまるお話でした。

    掲載日:2010/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人向き?

    図書館のクリスマスコーナーに飾られていて、時期的にぴったりだったので借りました。訳が江国香織さんだったのもあり、ちょっと期待していましたが、3歳の息子には難しかったかも知れません。

    というのも、サンタクロースの名前で出てくるのではなく、「セント・ニコラス」ですし、絵もいわゆるサンタさんの姿ではない。文章の長さは読み聞かせにはぴったりでしたが、「サンタクロース」の登場を求めている人にはちょっと違うかも知れません。その上、最後はねずみが出てきて「なんで?」という感じでした。レビューを書くために何度も読み返してその意味がわかりました。ちょっと深い本なので、大人向きのような気がします。

    でも訳の文章は江国さんらしい、言葉の連なりでよかったですし、絵も美しかったです。やっぱり大人向きかな?

    掲載日:2009/01/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 8頭のトナカイ

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子14歳、男の子11歳

    ムーアの原詩は知っているので、ツヴェルガー:絵・江國香織:訳に惹かれて
    手に取りました。
    金色の彩色が目を引きます。
    子ども達が寝静まった頃、父親の「わたし」は目撃します。
    セント・ニコラスの姿を!
    文章と絵の展開がややちぐはぐなのが難ですが、
    個々のトナカイがしっかり描かれているのと、
    セント・ニコラス(サンタクロース)がかわいげに描かれているのがいいですね。

    掲載日:2007/12/23

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / パティシエのモンスター

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いちまるとふしぎな手』 <br>八田香里さん&宮下知子さんインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット