だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

ことり」 みんなの声

ことり 作:中川 ひろたか
絵:平田利之
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\850+税
発行日:2007年09月
ISBN:9784323039053
評価スコア 4.44
評価ランキング 7,633
みんなの声 総数 31
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

31件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • シンプルだからこそ

    • しろっくまんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、女の子3歳、男の子0歳

    平仮名が読めるようになった娘が本棚に並んでいる中から選んできました。
    短いタイトルだからすぐに読めて意味が分かったからか、それを手に取って読み始めました。

    内容もタイトル同様シンプルです。

    ことりがページを捲ることに数を増やしていく数える絵本。
    黄色と青色しかなく、文字は黒くて大きくはっきりとしていました。

    1わ、2わ、鳥の数え方も分かります。

    指でさしながら読んでいくので、より集中できるようです。
    一人で読む絵本にできます。

    何より自分で最初から最後まで読めたこと、数えられたこと、達成感があって誇らしげな笑顔が嬉しかったです。

    掲載日:2016/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読んでもらって

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子4歳、男の子1歳

    図書館で自分で見つけてきた絵本。
    眠たかったので、最近ひらがなも読めるようになってきたし、
    「読んで」とお願いすると、
    たどたどしくも読んでくれました。

    鳥の数え方も、
    数字とひらがなで書かれると
    意外に難しいんだなと驚きました。

    絵もかわいく、ストーリも面白く、
    今回は読ませてしまい、
    絵をゆっくり見れなかった息子に、
    また読んであげてゆっくり絵本の世界に誘ってあげたいです。

    掲載日:2016/11/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふえていくことり

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    1羽1羽ふえていくことり。
    なんの形になるのかちょっとわかりにくかったかも。私はついつい「みんな集まって大きな鳥になったねー」と口出ししてしまいましたが…。こどもが自分で気づいてくれるのを待つべきだったかな。
    こどもの反応はいまのところ普通です。

    掲載日:2015/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • オシャレ

    子供が小さい頃に何度も読みました。
    子供より私の方が気に入っていたと思います。今も大好きです。
    赤ちゃん向けなので、文字も最小限だし、色もハッキリわかりやすいです。
    でも、それだけではなくて、読みやすさ、シンプルさ、絵の可愛さとオシャレさ、お話の可愛さ、本当に全て詰まってます。

    掲載日:2015/01/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 数のお勉強かな

    公園で鳩を見たあとに、小鳥について教えたい!
    と思い図書館でみつけた絵本です。

    ちょっと鳩とは違いましたが、これはこれでいいですね。
    自然と数を数えられる絵本になっています。

    黄色い地に水色のシンプルな小鳥が1羽づつ増えていく。
    10羽集まったら猫が‥?
    と、ちゃんと物語としても楽しめます。
    うちの子は猫がにゃーんと飛び出すところが気にいったようです。

    赤ちゃん絵本ですが1歳1ヶ月の我が子にはちょっと早いように感じました。
    数を数えだしたら改めて購入してあげたいと思います。

    掲載日:2014/09/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • あーあ

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子19歳、男の子17歳

    乳児親子向けおはなし会用にセレクト。
    表紙から色彩が見事です。
    青い鳥、というのがいいですね。
    この小鳥たちが一羽一羽寄って、大きな鳥を造形するも、
    ねこがやってきて、あっという間に離散する、というシンプルストーリー。
    絵もシンプルですが、ストーリーにあわせたアングル、造形がなかなか奥が深いです。
    黒猫も絶妙に絵の中にぴったりはまっています。
    ラストの黒猫の台詞、実にいいです。
    実はその後も描かれていて、そのあたりも味わってほしいです。

    掲載日:2013/05/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • ネコの登場するシーンが大好き!

    11ヶ月の息子に読んでいます。
    ことりが、いちわ、にわ、さんわ、と増えていくお話です。
    息子が大好きなのが、10羽揃った後にネコが登場するシーン。
    ここに来ると手をバタバタさせて「あーあーあー!」と喜びます。

    中川ひろたかさんの絵本はつみきも大好きですが、この二つに共通しているのが、最後「あーあ」で終わるところ。
    そのせいかある日キッチンを覗きながら「あーあ、あーあ」と言っていました(笑)

    中川ひろたかさんの絵はとても柔らかくて、色も鮮やかで大好きです。

    掲載日:2013/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドキドキ

    • ミヨさん
    • 30代
    • せんせい
    • 兵庫県

    ことりが1わずつ飛んできて、10ぱ集まったら大きな鳥の形に。
    そこに猫がやってきた!

    猫が手とヒゲだけ見せながら登場してきて
    そろりそろそろ
    少しずつ近づいてくる。

    ドキドキするのは大人だから?
    あぶなーい!逃げてー!という気持ちでいっぱいになる。
    そして、ついに飛びかかった猫!

    少ないセリフだからこその、おもしろさ。
    可愛い赤ちゃん絵本。
    1歳くらいからかな?

    同じシリーズの『ひよこ』もおすすめ。

    掲載日:2013/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • ファーストブックです。

    3ヶ月の頃から読み始めたファーストブックです。
    シンプルで色づかいもはっきりしているからか、当時から息子のお気に入りです。
    新しい絵本が増えて読む機会は少なくなってきていますが、今でも時々思い出したように「読んで!」と持ってきます。
    最初の頃はじーっと見ているだけでしたが、徐々に自分でページをめくるようになり、ことりを指を指すようになり、ねこが出てくると「あー!」と言うようになったり、ことりが飛んでいってしまうと「あーあ・・・」と言うようになったり・・・。
    小さい頃から読んでいるため読むたびに子どもの成長が感じられる、うれしい一冊です。

    掲載日:2013/02/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 長く楽しめる絵本

     ことりがいちわ、にわと増えていく様子が、シンプルに描かれています。すごく印象的な色使いで、インパクトがあるのであかちゃんも楽しめます。また、数の勉強にもなるので、2〜3才になっても楽しめる絵本だと思います。

    掲載日:2012/10/08

    参考になりました
    感謝
    0

31件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(31人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット