雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

明るく斬新なイラスト
賢治がずっと思っていたこと、こうありた…

どうやってねるのかな」 みんなの声

どうやってねるのかな 作・絵:やぶうち まさゆき
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1987年03月
ISBN:9784834001525
評価スコア 4.43
評価ランキング 7,913
みんなの声 総数 41
「どうやってねるのかな」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

41件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 気になる

    やぶうちさんの作品の中で親の私が一番気になって読みたいと思っていた本です。いろんな動物がどうやって寝るのかが描かれていて楽しいです。寝るといえば寝転がって寝るしか想像になかったので、動物たちがそれとは違ったいろんな寝方をしているなんてとても驚きでした。娘と一緒に「へー、こうやって寝るんだね!」なんて良いながら娘より親の私が興奮しながら読んでいました。娘もいろんな寝方を真似てみたりして楽しそうでした。動物さんのまた新たな一面が見れて楽しかったです。

    掲載日:2010/09/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 私も知らなかった!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子2歳

    動物大好きな2歳の娘と読みました。

    いろんな動物がどうやって寝ているのか、
    2歳の娘にもわかる絵と言葉で説明されています。

    すっごく簡単な絵本なのですが、
    意外に知らないことも多く、
    そばで聞いていた7歳のお兄ちゃんも、
    いつの間にか参加。

    そして、私も知らなかったこともありびっくり!
    そういえば動物がどうやって寝てるかなんて、
    あんまり考えたこと、なかったな〜 なんて
    ちょっと反省。

    「ラッコってどうやって寝ると思う?」
    「きりんってどうやって寝てるのかなー?」

    なんて質問して、お互いに意見を言い合ってから、
    次のページで正解を確認!

    長さもちょうどよくて、
    親子でとっても楽しめました!

    掲載日:2014/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • まんまるシマリス

    細かい毛並みまで描かれた絵は、まるで写真のようです。
    アニメのようなかわいさはないのですが、生き物としてのかわいらしさは感じますよね。
    子供も、自分で選んで持ってきた絵本です。
    まんまるくなって寝ているシマリス、本当にかわいいです!!

    掲載日:2013/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 珍しい動物たちの寝姿にあえる

    色々な動物たちの寝姿にあえる本です。
    しかもその動物のセレクトが、なかなか子供むけにはでないような
    コウモリやフラミンゴ、らくだなどがいて面白いんです。

    やぶうちさんの絵本はどれも写実的でリアルな、だけど可愛い動物の姿を見られるし、
    また普段なかなか目にすることのない寝姿を見られて、大人の私も楽しめました。

    四ヶ月の娘は、コウモリやフラミンゴなど、初めてみる動物は不思議そうにじっと見ていました。おなじみのリスやきりんは喜んで見ていました。

    将来動物園に実際に寝姿を見に行ってみたくなりました。

    掲載日:2013/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物たちの寝姿

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子19歳、男の子17歳

    小さい子向けおはなし会用にセレクト。
    写実的な薮内正幸さんの絵ですから、クオリティが高く、
    幼稚園児以上でも、知識絵本として使えると思います。
    シマリス、コウモリ、フラミンゴ、ラッコ、キリンなどの動物たちが登場し、
    どうやって寝るのかな?、とたずね、次ページで回答が示される趣向。
    愛らしかったり、意外だったり、絶妙だったり。
    動物たちの寝姿のバリエーションに大人もびっくりでしょう。
    そして、寝息も聞こえてきそうな、臨場感たっぷりの絵での、
    寝姿のオンパレードに、こちらまで、眠くなってきそうです。
    小さい子に「はらばい」という言葉は少し難しいかもしれませんが、
    絵を見ながら、なんとなく、理解できるのではないか、と思います。

    掲載日:2013/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろい

    • Iママさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳

    2歳の娘と読みました。動物がどうやって寝るかがかかれている本です。とてもシンプルで短い本なのですぐ読めてしまいちょっと物足りないかな〜と感じましたが、動物にはいろんな寝かたがあって面白いなと思いました。藪内さんの本は他にもいろいろ出ていて動物のいろんな生態が学べて興味深いです。

    掲載日:2011/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 寝る前に

    「もうおきるかな?」が好きそうなので、図書館で借りてみました。
    大人でも、触ってみたくなる絵です。
    「もうおきるかな?」よりもページ数があるので、沢山の動物の寝る姿と起きる姿が描かれています。
    「もうおきるかな?」や、「どうぶつのおやこ」と、違う点として、
    この本は、”おかあさんと一緒に(寝て)いない”(正確には子連れでない)ので、
    もうちょっとして一人で寝て欲しいときにすごくいいかもしれない、
    と大人の都合なんですが、親は思っちゃいました(笑)

    掲載日:2011/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物園へ行く前後に読みました

    • ももうさ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳、女の子1歳

    意図的に借りたわけではなかったのですが、
    丁度こちらの本を図書館から借りている期間内に動物園に行きました。
    行ったのは旭山動物園でしたので、
    コアラなど、実際には見ていない動物も多く描かれているのですが、
    帰ってきてからの方が、娘の手に取る頻度が多い気がします。
    「キリンさん可愛かったね〜」など言いながら、
    よく「読んで」とせがんでくるようになりました。

    写真の動物絵本もいいですが、
    動物画だと、背景がなく見やすいのが良いです。
    図鑑などでも、動物が寝ている姿の図はありそうですが、
    そればかりが集まっているという点も、
    比較して楽しむことが出来るので、とても良いと思いました。


    蛇足になりますが、
    借りているのは、1980年代発行の古〜いペーパーバックタイプの本で、
    娘は「福音館のペーパーバック絵本」シリーズの裏表紙、
    3×4のマスに、本文中の絵が描かれているのがお気に入りです。
    どれを借りても、裏表紙と本文を照らし合わせて遊びます。
    (新しい物でも同じなのでしょうか…?)

    掲載日:2011/05/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素晴らしい着眼点の絵本

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    動物画の第一人者として知られる薮内正幸さんの作品です。
    最初の見開きに、
    「○○○は、どうやって ねるのかな?」
    とあって、
    次ページに、
    「○○○ってねます」
    と解答があるという構成です。

    いつもながらの薮内さんの絵は、見る者を圧倒します。
    その毛並みまでも一本一本丁寧に描いた精緻な絵は、絵本から飛び出さんばかりのリアリティに溢れたもの。

    そして、この本が良いのは、動物が寝るということにポイントを絞り込んでいること。
    腹ばいになって寝るという発想しかなかったのですが、動物それぞれに寝る姿があって、大人でも学ぶことが多いと思います。
    特に、フラミンゴとかラッコなんかはビックリのはず。

    「どうぶつのおやこ」「どうぶつのおかあさん」等と一緒に読み聞かせすると、効果は絶大だと思います。

    掲載日:2010/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 寝る姿にクローズアップ

    図鑑の中でこんなイラストや解説があったら
    見落としそうだけど、こんなふうに
    寝る姿だけクローズアップしてあると
    おもしろいですね。
    動物にますます興味が湧きそうです。
    子どもが一番気に入っていたのは
    こうもりです。
    他の絵本(100かいだけのいえやうんちという子どもの科学の本)
    で出てきて逆さづりだったのがインパクトあったようです。
    私としてはフラミンゴが不思議でした。
    片足のまま寝られるのかな?と。
    弱い動物ほどおちおち寝てられないから
    フラミンゴもそうなんでしょうか。

    掲載日:2010/06/22

    参考になりました
    感謝
    0

41件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(41人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット