ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

「アウシュヴィッツの手紙」 みんなの声

アウシュヴィッツの手紙 出版社:平和のアトリエ
本体価格:\2,300+税
発行日:1994年09月
ISBN:9784938365233
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 2
「アウシュヴィッツの手紙」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 衝撃!!!

    アウシュヴィッツについての写真物語ということで覚悟して手にしたのですが、一言で表現すれば衝撃でした。
    平和への祈りから作られた本であることには違いありませんが、人の死が生々しく溢れているこの本は、できれば避けて通りたい本でした。
    レビューで見つけたのですが未掲載作品。
    子どもに対してのインパクトの大きさも考えなければいけないのかもしれません。
    しかし、命の尊厳を思うとき、平和への願望を強くする本でした。(考えると、8月のこの時期、終戦特集番組には死体が物のように無機質に映し出される番組が少なくありませんし)
    事実に眼をそむけて、理想だけを語ってはいけない。
    そんなことを考えさせられる本です。
    この絵本は図書館の児童室ではなく、ヤング・アダルトコーナーにありました。
    しっかりと受け止められる年代になったとき、できれば親と一緒に見て考えたい本だと思います。

    掲載日:2010/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 写真物語

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    1994に平和博物館を創る会が編集した写真物語です・・・
    非常に規制の厳しい中で、貴重な写真は、ドイツ軍が隠したかった、事実が残されてました
    ホロコースト(大量虐殺)は人間として絶対に許されることではないこと、また原爆と同様、二度と犯してはならない犯罪として、語り継いでいかなければいけないと、あとがきにも書いてあります
    中には目を覆いたくなるような写真もありますが、どうか勇気を持って親子でページをめくっていただければと思います

    掲載日:2010/08/04

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット