ぼくはめいたんてい(1) きえた犬のえ(新装版) ぼくはめいたんてい(1) きえた犬のえ(新装版) ぼくはめいたんてい(1) きえた犬のえ(新装版)の試し読みができます!
文: マージョリー・W・シャーマット 絵: マーク・シーモント 訳: 光吉 夏弥  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
レビューコンテスト開催中、たくさんのレビューお待ちしてます!

きかんしゃジェームズとわがままなかしゃ」 みんなの声

きかんしゃジェームズとわがままなかしゃ 作:W・オードリー
出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 3.5
評価ランキング 32,442
みんなの声 総数 1
「きかんしゃジェームズとわがままなかしゃ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いじわるに負けるな!

    きかんしゃジェームズが、引っ張っている貨車たちの意地悪にも負けずに、完走するお話です。

    ジェームズがいたずらばかりして局長に閉じ込められてしまったあと、名誉挽回のために貨車を引いて発進します。
    それがすんなりとはいかず、貨車たちに意地悪されたり、急な丘がでてきたり、ハラハラさせられるシーンがたくさんあるので、全体的に3歳児には少し長い文章ですが、息子もまじめに聞いていました。

    エドワードが助けにきたけど、ジェームズが一人で頑張ると言うシーンも、なかなか感動します。息子のこれからの生活の中にも、誰にも頼らず、一人で頑張らなければいけないときもあることを教えてくれたように思いました。

    最後に、一部始終を局長さんが見ていて、ほめてくれるところはホッとさせられます。頑張ったことは自分が気が付いていなくても、誰かが見ていて認めてくれている・・ということでしょうか。

    掲載日:2007/11/09

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • つばめこうくう
    つばめこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    つばめの飛行機で、南の島へひとっとび! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。


『からだ♡あいうえお』 吉澤穣治さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット