おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…

「きょうりゅうボブくん」 みんなの声

きょうりゅうボブくん 作:ウィリアム・ジョイス
出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 2
「きょうりゅうボブくん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おさるのジョージ恐竜版

    おさるのジョージ恐竜版といった感じでしょうか。
    トッカゲー一家はアフリカで恐竜をみつけて、
    「ボブ」と名付けて、アメリカへ連れて帰ります。

    ボブくんは町の人気者。
    でも…

    なんかだそのあたりの展開がバーバパパの最初のころの展開だったり、おさるのジョージの最初のお話に似ている感じです。

    恐竜大好きな息子には、そういった意味でもおもしろかったようです。

    あと、結構息子が気に入っていたのが用心棒のジャンブーの存在。
    なんだか気になるようでした^^;

    掲載日:2008/05/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 恐竜と人間との心温まる共生

    恐竜好きな息子が図書館で借りた本です。私も含めて「恐竜」と言うと毛嫌いしてしまうお母さんがおられるかもしれませんが、この恐竜は従順でかわいらしい感じです。

    トッカーゲさん一家はアフリカ探検に行き、恐竜を捕まえ、「ボブ」という名前をつけてアメリカに連れて帰ります。

    トッカーゲさん一家が恐竜を見つけても驚かずに家族同然になってしまうところが、まず信じられませんが、物語はどんどん進みます。

    絵がグリーンを基調としており、そこがありえない話ながら安心して読める点であるかなと思いました。

    恐竜をアメリカに連れ帰り、何も問題がないはずもありませんよね。

    よく、ワニやカメを飼って、育てられなくなって捨ててしまうという飼い主がいますが、その点トッカーゲさんは立派です。ボブをどこまでも守り抜きます。

    恐竜と人間との心温まる共生が描かれた作品だと思いました。
    絵がとてもアニメーション的で、とても印象に残る絵です。

    掲載日:2007/09/13

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


困っているぼくのところに本物の神様が!

みんなの声(2人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット