雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
あおパンダさん 30代・ママ

強い祈り
宮沢賢治の代表作品が、まさか手帳の一頁…

らいおんみどりの日ようび」 みんなの声

らいおんみどりの日ようび 作:中川 李枝子
絵:山脇 百合子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1969年
ISBN:9784834001860
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,067
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子どもが好きなものばかり

     頭のてっぺんからつま先まで全身緑色の「らいおんみどり」。
    お馴染み「ぐりとぐら」のシリーズや「そらいろのたね」などにも、「らいおんみどり」にそっくりな、二本足で歩くスマートなライオンは出てきますが、この緑色は、やっぱりどこを探しても「らいおんみどり」だけのもの!

     ストーリーも、「らいおんみどり」の緑色と同じくらい、夢があって、独創性に富んでいます。一晩で一気に読んでしまいたいくらい、次から次へと楽しいことが起こり、子どもはもう夢中!
    それもそのはず。トランプ、手品、サーカス・・・どれも子どもが大好きなものばかりですものね。

    掲載日:2012/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思わぬ方向に

    「かえるのエルタ」を読んだら、「エルタ」のお話に出てくる「らいおくみどり」のお話もあることを知り、読むことにしました。

    みどり色のらいおんみどりは「○○したら、たべちゃうぞ」が口癖です。息子は「本当は食べる気ないんでしょ」と言っていました。軽い威嚇ですね。

    らいおんみどりの家に、ねこのトランプが訪ねてきます。

    トランプをしたいらいおんみどり、トランペットを習いに来たトランプ。双方の思惑が違う中、物語が、思わぬ方向に発展していくのがおもしろかったです。

    声に出して読むとわかるのですが、文章がリズミカル。テンポよく進んでいきます。

    息子は最近、長いお話を読む時には、挿絵をほとんど見ずに、文章だけを聞いています。子どもは、この文章の心地よさが好きなのかもしれないと思いました。

    掲載日:2008/10/09

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



子どもも大人も読み聞かせで大爆笑!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット