モリくんのおいもカー モリくんのおいもカー モリくんのおいもカーの試し読みができます!
作: かんべ あやこ  出版社: くもん出版
おいもで作ったおいもカーで、実りの秋の森を楽しくドライブ! 愉快で楽しい冒険絵本。

ネコのタクシーアフリカへ行く」 みんなの声

ネコのタクシーアフリカへ行く 作:南部 和也
絵:さとう あや
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年
ISBN:9784834019780
評価スコア 4.78
評価ランキング 470
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • すごくいい!

    冒険物語というと『エルマーのぼうけん』をあげる人が多いと思うので
    すが、私の中では、この『ネコのタクシー アフリカへ行く』が一押し
    です。

    多分、それは、日本人が作った話だからでしょうか? 話の展開やらユ
    ーモアのセンスがすんなりと身に入ってきて、無理がないんです! 

    そしてとても名言の宝庫の本でした。中でも、ドクター・ジョンがネコ
    のタクシーのトムに語る

    「冒険のチャンスが来たら、つかまなくちゃだめだ。チャンスは、い 
     つ来るかわからない。ひょっとしたら、一生チャンスに巡りあわな 
     いかもしれない。冒険には、まいにちの生活では得ることのできな
     いものがあるからね。そして人生にとってもっともたいせつなこと 
     は、冒険がおわったあとにわかるのだよ」

    という言葉にはジーンとくるものがありました。まさに、自分の息子に
    も冒険のチャンスがやってきて、絶対にそれを掴んで欲しいなと思いま
    す。

    また、第11章のわがままリカオンの話もとても考えさせられました。何
    故、最初に団体行動をしなくちゃいけないのか。これはとても難しい問
    いですが、こんな風に分り易く書いてくれると、すんなり耳が傾けられ
    ます。

    とてもとてもお薦めです。小学生の間に出会って欲しい話だなと思いま
    した。是非、読んで見てください。

    掲載日:2012/04/09

    参考になりました
    感謝
    2
  • おもしろかったです

    だちょうの首にネコのタクシーをかぶって、だちょうのせなかにトムが
    のっていたのがおもしろかったです。

    さるの国の手紙がおもしろかったです。

    さるの国からトムがよばれたからびっくりしました。

    フッシュ・アンド・チップスってどんなりょうりかなと思いました。食べてみたいです。

    トムのお父さんが出てきたからびっくりしました。どうしていっしょにくらしていないんだろうと思いました。

    掲載日:2010/01/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • ネコの冒険物語

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    ねこのタクシーをしているトムが、ジャングルに住む猿に会いに行くお話です。

    どなたかのレビューにもありましたが、ちょっと『エルマーの冒険』と感じが似ています。でも、日本人に受け入れやすい感じです。ただ、私はどちらかというとやはり『エルマーの冒険』を推すかなぁ。でも、おもしろかったです。

    『ねこのタクシー』をとても気に入った娘に買いました。こちらはちょっと幼稚園年中んには長すぎたかも・・・。

    掲載日:2017/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 前作より長編

    前作をとても気に入った息子に、「続編もあるみたいだけど読む?」と聞くと勿論、読むと即答されて図書館で借りて来たら
    本が分厚い!字が小さい!絵が少ないし白黒!

    「読めない」と言われたので、「だよねー」と、読み聞かせする事に。
    初っ端から面白いキャラクターが登場し、惹きつけられます。おさるの手紙に息子大受け、なんども声に出して読んでました。
    とりあえず、今日は目次の2まで読んで、「明日続きを読むね」と言ったんですけど、続きが気になる息子は字の小ささもなんのその、その日に読了。
    そして、唐突にネタバレ爆弾を大量投下。(私も続き楽しみにしてたのに〜)

    面白いものは子供も大人も夢中にさせてくれますね。楽しい冒険物語は久々でした。本当に面白いし名作なので、小学生程度のお子さんは是非読んで(もしくは読み聞かせ)ほしいです。

    掲載日:2016/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冒険はするもの!

    • わにぼうさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    前作の「ネコのタクシー」がお気に入りになった息子達。
    続編があるよ〜というと、読んで読んで!と大はしゃぎです。
    前よりも長いので、毎晩少しずつ少しずつ読んでいきました。

    シルクハットでグレーの縞模様をしたネコに呼び止められた
    ネコのタクシーのトム。

    あぁ、お客さん?と思ったら、なんとそれはお父さんで
    なかなか難しいことを言う冒険家のドクター・ジョンでした。

    アフリカのサルの王さまからの招待状を届けにきたお父さん。
    旅費にと大きなダイヤを預かってきたので、ぜひ行くようにと。

    しり込みするトムにお父さんが言った言葉とは。

    『冒険のチャンスが来たらつかまなくてはダメだ』

    う〜深いです。アフリカへ行くまでもなかなか楽しかったですが、
    アフリカへ行ってからも「冒険」がいっぱい!
    時々わかるかな〜と心配したはずの次男までが
    毎晩楽しみに聞いてくれていました。

    ドクター・ジョンの3つの手紙。
    助言というのは長ければいいってもんじゃないですね、
    的確にスパッと一言で!

    すこしこまったときには、もらっておきなさい。

    名言ですね〜。

    掲載日:2012/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • アフリカまで大冒険!

    前編の「ネコのタクシー」がとても楽しかったので、続編のコチラも期待して読みました。

    ネコのトムや飼い主のランスさんなどの設定は同じなのですが、冒険のスケールが段違いにアップしています!
    トムのお父さんが登場し、なんとアフリカに住むサルの王様からの招待状を渡され、どこにあるのかもわからないそのサルの王国まで出かけることになっちゃうんですもの!!

    冒険って、どきどきわくわくだけれども、実際行くかといわれると、、、なかなか踏み切るのには勇気が必要ですよね。
    冒険旅行へ踏み出すまでのトムの逡巡、よくわかります。
    でも、かしこいトムは、いろんなハプニングもうまく切り抜けていくのですよね。
    また、出発前に渡されたお父さんからの伝言も、いい切り札になってましたね。

    「人生で大切なことは、冒険が終わった後にわかるのだよ」
    トムのお父さんのこの言葉。名言ですね!!

    幼年童話というにはかなり長いお話ですが、文章は難しくないので、物語が楽しめるお子さんなら大丈夫だと思います。
    「ネコのタクシー」とあわせて読むのをお勧めします。

    掲載日:2010/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子の好きな作品

    「ネコのタクシー」は、息子が二年生の夏休みに読書感想文を書いたとても好きな作品です。

    この姉妹編で、トムの父のジョンの冒険話「ネコのドクター 小麦島の冒険」を先に読みました。

    で、ようやくこの「アフリカへいく」が読めたのですがねこの作品にもすでに、ジョンは出てきたのには驚きました。

    ジョンについては一緒に暮らしていなかったらしく、謎に包まれていて、それが「小麦島の冒険」を生むことになったんですね。

    「ネコのタクシー」よりも冒険要素が高まっていて息子が先を知りたいというので、221ページ、一気に読まされました。

    出会う動物たちとのアクシデントなど、楽しく読めました。

    ロマンスの要素もあったことにも驚きました。

    飼い主のランスさんの過去にもびっくりです。

    息子が受けていたのは、ジョンがダチョウの背中に乗る時に、ダチョウの顔にネコのタクシーを被っていた場面でした。

    息子があまりにも好きなのでこの本は購入しました。

    掲載日:2010/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 長いお話。

    同じ作者さんの「ネコのタクシー」がとても面白かったので
    続編のこちらも読んでみました。
    こちらの方が本に厚みもあり
    長い長いお話でした。
    でもやっぱりお話の内容は面白く
    上の子(5歳)はじっと聞いてました。
    下の子(3歳)はちょっと長すぎて難しかったようです。
    ネコのトムが今度はお父さんに会い、アフリカに旅行に
    出掛ける事になります。
    さあどんなことがトムとランスさんに待ち受けているのか・・・

    長いけど面白い。上の子は読み終わった後面白かったようで
    おばあちゃんやお父ちゃんに内容を話して聞かせてました。

    お休みの日に読むか、毎日少しずつ読まないとなかなか
    終わらないと思いますが、読み出すと止まらない
    楽しめる本です。

    掲載日:2008/07/22

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / こんとあき / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『スコットくんとポワロくん』<br>フィリケえつこさんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.78)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット