ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ゆうやけカボちゃん」 みんなの声

ゆうやけカボちゃん 作:高山栄子
絵:武田 美穂
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2000年
ISBN:9784652008768
評価スコア 4.41
評価ランキング 8,481
みんなの声 総数 38
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

38件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • どきどきの小学校一年生

    みどり小学校に入学し、いじめっ子やがり勉くんがいたり、いろんな子がいることにどきどき。

    気弱そうだけど意外に面白く挨拶を返してくるソラオくんとも仲良くなります。

    いじめっ子とはけんかをしてしまいますけどね。

    小学生にいいと思いますが、低学年なら親の読み聞かせがいいでしょう。

    掲載日:2016/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドキドキ小学校

    年中の息子には少し早いですが小学校がどんなところかなんとなく知るにはちょうどよい本だと思いました。
    小学生になるとどんな楽しいことがまっているのかな、と楽しみでしょうがない子、ちょっと不安で怖いなと思っている子、どちらの気持ちもよくわかりました。
    息子には小学生になったら、嫌なこともあるかもしれないけど、周囲には必ず助けてくれる人がいるから大丈夫だよ、と教えることができました。

    掲載日:2016/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • わくわく1年生

    • 沙樹さん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子7歳

    児童書と絵本と漫画がミックスしたような本でした。
    2年生の子どもが読みましたが、私がお風呂に入っている間に
    読み終えていました。

    期待に胸をふくらませて1年生になったけど、
    いろんな子がいて、現実は結構大変。
    学校に行きたくないなぁ、と思ってしまいます。

    でも、いろんな出来事があって成長していくカボちゃん。
    この後のシリーズも楽しみです。

    掲載日:2016/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一年生

    一年生になって入学し、ランドセル、教科書、新しい友達、、、いろんな子がいて、頭が大きいと笑われても勉強家のハクサイくんはかばってくれたり、、、
    弱気なソラオくんとも仲良くなります。

    二人でブランコにのっているときにからんできたいじめっ子をやっつけたカボちゃん。

    けががゆうやけの色になっていますが、いい思い出になるかな。

    ずいぶん長いので、一年生が読むにはちょっと長いかもしれません。でも、野菜たちが主役のお話、娘は楽しんで読んでいました。

    掲載日:2016/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • がんばれ1年生。

    武田美穂さんの『となりのますだくん』を思い出しました。
    懐かしい絵、世界です。
    野菜や果物たちの個性を、うまく表現していて、ついつい、その世界に引き込まれてしまいました。
    幼稚園から小学校へと進級した子どもたちの不安な気持ちも伝わってきます。
    あまり美化せず、大変な状況も表現しながら、たくましく育っていく姿に、頑張る力を感じることができました。

    掲載日:2016/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • がんばれー

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、男の子6歳

    小学一年生になった息子を思いながら読みました。
    わくわくしながら新しいランドセルで学校に行くものの、
    想像以上に大変なことだらけ・・・
    いろんなお友達もいるし、
    給食に食べられないものが出たりもするし。。。。
    親としてはすべてを知って守ってあげたくなってしまいますが
    子供が自分で乗り越えなければいけないことなのでしょう。
    親の私がドキドキしながら読みました。

    また、明日学校に行こうと背中を押してくれる一冊です。

    掲載日:2016/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • そうそうなかなかない絵本!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、女の子4歳

    4歳の娘と読みました。
    の、ハズだったのですが、とっても共感したらしき9歳の息子の方が
    熱心にくいついた一冊です。

    ピカピカ一年生になりたての、夢、希望、ワクワク。と、
    思ったほどワクワクじゃない現実の数々が、
    とてもよく描かれていると思います。

    楽しいな! と思っていたのに、
    あれ、何か違う、何か違う。
    これまでの幼稚園や保育園と小学校との異文化ギャップに
    とまどうお子さん、親御さんは少なくないと思います。

    たまたまカボちゃんの場合は、「頭がデカイこと」が
    ひきがねになってますが、
    うちの子もとある原因で「行きたくないなぁー」と涙していたことがありました。

    あの時にこの絵本に出会っていたらよかった!
    本人的にはもう遠い昔の話で、余裕の目線でカボちゃんを見ていましたが、
    新学期ピカピカ一年生、楽しいだけじゃない!
    という絵本は、そうそうないと思います。
    是非、新ピカピカ一年生と親御さんに、読んでいただきたい一冊です。

    掲載日:2016/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • カボちゃん、一作目でこちらを読みました!
    忘れていた何かを思い出させてくれるような、
    とっても懐かしい気持ちになれる作品です

    そういえば小学校って色んな子がいたなぁ
    優しい子、真面目な子、面白い子、時に意地悪な子
    私もほっぺたがよく赤くなったりで、
    りんごみたい!と、からかわれたこともあったなぁ
    カボちゃんの気持ちよーく分かります

    子供はおもったままを言ってしまうから、素直でそれでいて時に意地悪。
    でも本当はかまってほしくてからかう所もあったりで
    タマも憎めないなぁとも思ったり。
    でも、見た目のことでからかったり差別するのはどういうことか
    言われるとどういう気持ちになるのか
    よく子供に伝わるすごい深い作品だと思います。

    うきうきわくわくする学校。
    楽しくて、楽しみで、でも、悩むことも辛いこともある。
    どれも大事なことで、
    すべてがはじめての経験
    素晴らしい出逢いに支えられ、成長していくカボちゃんに
    将来の娘の姿を重ねて読まずにはいられません。
    ぜひ娘が小学校に入学する前にカボちゃんシリーズ読んであげたいなと思います☆

    掲載日:2016/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一年生♪

    ドキドキの一年生になったかぼちゃんのお話です。
    一人で学校へ通うことや、新しいお友達にドキドキしたりトラブルがあったり、まさに子供のリアルな世界が描かれていると感じました。
    小学生に上がりたての子供とかぼちゃんが重なって見え、こんな風に様々なことを感じながら頑張っているんだなぁと思いました。
    イヤなことをするお友達にはちょっと立ち向かう勇気を出すことも時には必要なんだと、子供ながらに感じることがあるお話だと思います。
    そこから新たな友情が芽生えることもあるのだから。ぜひドキドキの一年生には読んでみてほしいなーと思いました♪

    掲載日:2016/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぼく、一年生なんだもん

    カボちゃんと同じ、一年生になりたての息子と読みました。
    息子は、自分と同じ1年1組のお話だったので、とても嬉しそうでした。息子は、「僕も頭が大きいから、カボちゃんだ!」などと言っています。
    私も読みながら、息子もこんな感じなのかな?いじめっ子とかいるのかな?などと想像しちゃいました。
    自分の学校生活と重ね合わせて読むことができるので、一年生におすすめです。息子はまだ一人読みは難しいので、シリーズの他の本も一緒に読みたいと思います。

    掲載日:2016/05/17

    参考になりました
    感謝
    0

38件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(38人)

絵本の評価(4.41)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット