うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

あやとりひめ」 みんなの声

あやとりひめ 作:森山 京
絵:飯野 和好
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1998年
ISBN:9784652002865
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,183
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • あやとり

    おりがみやあやとりを、本を見ながらやっている娘に
    読んでみました。

    結構長いお話ですが
    しっかりした構成なので
    飽きるおきることなく読むことができました。

    あやとりの5つの技がフセンになっていて
    危機が迫るたび、娘を助けてくれます。
    一難去ってまた一難となるたびに
    「また悪い人なんじゃないの」と娘はいぶかしんでいました。
    ですが
    最後の男の人は、大きな国のお殿様。
    和風な話だけれど
    展開は完全にシンデレラストーリーのようでした。

    よんでいてなかなか小気味いい印象を受けました。
    ハッピーエンドはやっぱりいいですね。

    掲載日:2014/03/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 長さが気にならない一冊!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、女の子4歳

    小学校3年生の図書の授業で、
    図書館の方がオススメしてくれたらしき一冊。
    早速、借りてきて息子と読みました。

    次から次に訪れるピンチと、それをあやとりで乗り越えていく
    あやとり姫の姿は、とても臨場感があります。
    結構長いお話なのですが、テンポもよく、
    あっという間に読めてしまうお話。

    最後は、あーやっぱりよかった!と思った瞬間に、
    あれれ、違うの?というあやとり姫の選択。
    でもやっぱり思ったとおりのエンドで、
    やっぱり昔話はこうでないと!という満足の結末です。

    巻末には、物語にでてきたあやとりの紹介もされていて、
    女の子でも男の子でも楽しめる一冊です!

    掲載日:2015/10/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食わず嫌いはヤメテね

    絵の雰囲気と、文章の長さで、「え〜っ、ヤダ〜」と言った娘。
    「今日は、これしか読まないからね!」と強行突破を試みた母。

    次々と襲いかかるピンチ。
    唯一の武器は、五色のあやとりの紐!
    「もう、ダメ〜っ!!」
    危機一髪で、すり抜ける緊張感。

    面白いじゃないの!面白いじゃないの!
    すねて、背中を向けていた娘も、チラチラと振り返りながら、
    あやの行く末を見つめていました♪

    巻末には、お話に出てきた、5つのあやとりのやり方が!
    これで、私もあやとり姫。ブームの予感です♪

    掲載日:2014/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • あやとりひめ どんなお姫様かと思えば・・・・・父も母も亡くなってひとりぽっちのかわいそうな境遇のアヤのおはなし

    名主はいい人でアヤに優しくしてくれたかと思えば、名主の弟が怖い人
    この恐怖から救ってくれたのが 母から教えられたあやとり 緑の山
    そしてお話しがドンドンつながり 今度はやまんばから逃げるのです
    赤い吊り橋 
    お話しの中に優しい人と意地悪な悪い人との対比は 昔話に出てくる人間模様です

    危ない窮地を救ってくれたのは 母親からもらった形見のあやとりなんです
    五色のあやとり  紫の網  黄色のはしご 青い船
    アヤは母の守り神の綾取りに救われ 優しいアヤはお殿様のお嫁さんに
    アヤの優しさが いじらししい
     
    お話しのおもしろさに五つのあやとりが上手く組み合わされたお話しでした
    なかなかうまいこと展開しているな〜
    ワクワク感とあやとりの守り神にホットさせられました
    オチは 幸せになる安心感   めでたしめでたし

    おまけのあやとり よくしっているものでした 
    子どもたちに教えてあげたらいいですね  あやとりのおもしろさを

    掲載日:2014/04/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外な面白さ

    『あやとりひめ』のタイトルにこれは女の子向けの童話だと思ったら、結構面白いのです。
    どこかで聞いたような昔話のパロディのようにも思えるのですが、5つの話をつなげて一つの冒険話でつなげたところと、こじつけのようでありながらあやとりで作った造形が実際のものになってアヤを助けてくれる発想はミゴトです。
    死に際の母親から五色の糸を形見として渡されたアヤは、身寄りがなくなって庄屋様の屋敷に奉公することになりました。
    そこから始まる活劇はとても楽しいのです。
    あやとりを知っていると面白さ倍増です。

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 男の子でも楽しめる

    • レースさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子8歳、男の子5歳

     題名と表紙の絵からして、どちらかというと、女の子のほうが手にとりやすい本だとは思いましたが、読んでみると、お話の展開は、男の子でも楽しめたようです。
     小3の息子は、「はしごが作れる黄色の糸がほしい」と言っていました。
     理由は、「おにごっこをしていると、よくすべり台の上に追い詰められてはさみうちされるので、そこで、はしごを木につなげて逃げられるから」ということでした。

    掲載日:2011/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 融合!

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子18歳

    飯野氏の絵がちょっと苦手なのですが
    「あやとり」を紹介するのにもいいかな・・・と
    図書室より借りてきました

    昔話とあやとりの融合という感じ
    うまく、絡んでいるなぁと感心しました

    辛抱強い主人公のいじらしさが
    なんともいいです

    あやと一緒に
    ドキドキしながら
    読みすすめていけると思います

    年長さんの秋位がお薦めです
    じっくり読めて、あやとりにも
    是非、挑戦してほしいです

    この時期にあやとりを楽しむと
    指先の器用さ、集中力、友達や大人とのコミュニケーション
    図形のおもしろさ・・・
    いっぱい遊びだけではない要素がありますよ

    掲載日:2010/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • あやとりの技がうまく生かされてます

    何を思ったのか私、読み終わるまで作者が富安陽子さんだと思っていました。昔話風のお話だったのでよりそう思ってしまったみたいです。

    昔話のペースとあやとりの技がうまく融合されたお話だなあと思いました。

    あやが遭遇する危機、そのたびにどうなるのだろう?とドキドキしました。読み聞かせをしながらも息子は気になるようで、絵を時々覗き込む場面もありました。

    さらに、最近あやとりブームが復活したところだったのでより身近に感じられたようでした。

    掲載日:2010/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔話とかを織り交ぜた作品かも

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    表紙を見たとき、題名も、飯野和好さんのイラストも、すごくインパクトがあったので、ワクワクして中身を読みました。
    私は、はじめ森山さんのオリジナルだと思っていたのですが、
    どうもこの作品も、この間読んだ富安さんの「菜の子先生」シリーズのような、昔話を物語の中に織り込んだ作品でした。

    気付いた限りでは、「三枚のお札」、「鷹にさらわれた子」と、題名はど忘れしてしまったけど、大蛇がお嫁さんをもらう昔話が入っていたように思います。

    字は大きく、絵本から児童書に移られたばかりの
    お子さんに読みやすいレイアウトの工夫されていますので、
    昔話とかに興味のあるお子さん、飯野さんの絵が好きな方には、
    興味深い作品かもしれません。

    掲載日:2009/10/10

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット