おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

まじょのけっしん」 みんなの声

まじょのけっしん 作:中島 和子
絵:秋里 信子
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2001年
ISBN:9784323020181
評価スコア 4.17
評価ランキング 17,859
みんなの声 総数 5
「まじょのけっしん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おばあさん魔女のお話

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子2歳

    「さいごのまほう」の続編。ベンチに変身した魔女の物語。やさしい女の子との出会いを通じて、魔女はまた魔女に戻り、そしてまたベンチへ・・・。
    物語に出てくる魔女と言えば、悪かったり、かわいい女の子だったりが多いと思うのですが、この本に出てくる魔女は、そこらへんにいるような優しいおばあさんのようです。それがとても新鮮でおもしろいです。
    字も大きく挿絵も多いので、童話の入り口にいいと思います。特に女の子向けかなと思います。

    掲載日:2017/06/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 魔女も色々なんだ....

    この本の中に出てくる魔女は、人恋しい魔女でした。
    「年をとって、まほうの力がなくなくなってしまう前に へんしんしようと 思っ」
    てベンチなっただなんて、そして、最後にもう一度選んだのが、ベンチになること....

    昔話に出てくる魔女は意地悪なのが定番なのに、こんな優しい魔女がいるんだな、
    と思いました。最後に、魔女の決心が報われて本当に良かった。

    山道や公園に置かれたベンチを見る度に、このベンチも元魔女だったりしてってこの話を
    思い出しそうです。

    掲載日:2011/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しい魔女のお話。

     我が家のお兄ちゃんは、大の本好き。もちろんテレビも見ますが、空いている時間は本を読んでいることが多いです。そんなお兄ちゃんのために、図書館で借りてきた本です。全部文字は読む気がしないらしく、適度に絵があったり字がちょっと大きめだったり、お話にすーっと入っていけたりと、自分のこだわりがあり、借りてきた本の全部が全部最後まで読めない時もあるのですが、これはじっくり読んでいました。

     古びたいすは、誰からも相手にされずにいました。そこへ、女の子がちょこんと座って、まるで抱っこされているみたいと、うれしいことを言ってくれます。女の子との絆が深まるにつれ、自分が誰だったかを思い出します。古くなって、処分されそうになりそうになります。もう女の子と会えなくなるのでしょうか?

     とっても心温まる絵本で、ドキドキハラハラの場面もあったり、絵本から童話への本として、是非お子さんと読んでみて下さい。

    掲載日:2011/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心がほっこりします

    息子がシリーズで図書館から借りてきたのですが、
    前作の「さいごのまほう」も心がほっこりしてくるような
    とても素敵なお話しで今回も楽しみにしていました。

    やはり、今回もとても心の温まるお話しで
    もうまほうを使えなくなるかも知れないおばあちゃん魔女の
    最後の決心が心をうちました。
    魔女が出会ったちいさな女の子、もえちゃんとの関わりも
    優しさが溢れていて、もっと続きが読みたくなるようなお話しでした。
    是非、シリーズ続けて読んで、温かな気持ちを
    感じて下さいね♪

    掲載日:2008/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しさを感じます

    最後の魔法を使ってベンチになったおばあちゃん魔女。

    バス停でお父さんを待つ女の子・もえちゃんを知るのですが、ベンチになった魔女にはもえちゃんの声は聞こえても、もえちゃんには魔女の声は聞こえないので、お話することはできません。

    最後に使った魔法がベンチになることだった、そして誰からも存在を知られることはない。そこに切なさを感じますが、静かにもえちゃんを見守る魔女の姿には優しさを感じます。

    読んだ後、ふわっとした優しさに包まれる優しいお話だと思います。

    掲載日:2008/11/15

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こねこのチョコレート
    こねこのチョコレート
    作:B・K・ウィルソン 絵:大社 玲子 訳:小林 いづみ 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これは弟のプレゼント。おいしそう、でも食べちゃダメ、食べちゃダメ…。


『いちまるとふしぎな手』 <br>八田香里さん&宮下知子さんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット