庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

しろいいぬ?くろいいぬ?」 みんなの声

しろいいぬ?くろいいぬ? 作:M.B.クック
絵:池田 龍雄
訳:光吉 夏弥
出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
本体価格:\922+税
発行日:1977年
ISBN:9784477167619
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,019
みんなの声 総数 2
「しろいいぬ?くろいいぬ?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おもしろかったです

    犬が黒くなつたり、ぶちになったりするからおもしろかったです。

    いぬとりが、きがつかないのがおもしろかったです。

    つかまるとかわいそうだから、つかまらないといいなあと思いました。

    ぼくでも犬のいろがちがったら、きがつかないのかなあって思いました。

    かしこい犬だなあって思いました。

    水をかけてきれいにしてもらうのが、おもしろかったです。

    さいごはよかったと思いました。

    掲載日:2009/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 風刺がきいてます

    最近、光吉さん訳の本を手当たり次第に読んでいます。

    「ゆかいなゆかいなおはなし」シリーズというのが、幼年童話として読み応えもあり、おもしろいので気に入っています。

    訳者は同じですが、作・絵は違うので毎回新鮮な気持ちで読めるのがいいです。

    あとがきを読んで、野犬狩りという当時の背景があることを知りました。

    白い犬が追いかけられているうちに、黒になったり、ぶちになったりするのがおもしろかったです。

    見た目に囚われすぎて本質を見ない大人というのを揶揄しているのかなとも思いました。

    繰り返しの効用と思いがけないラスト、風刺のきいた最後の文章がおもしろかったです。

    掲載日:2009/06/02

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット