だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

おとこの子とおもっていた犬」 みんなの声

おとこの子とおもっていた犬 作:C.アネット
絵:W.ロレイン
訳:光吉 夏弥
出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
本体価格:\922+税
発行日:1979年
ISBN:9784477167732
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,274
みんなの声 総数 3
「おとこの子とおもっていた犬」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 賢い犬

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子2歳

    6歳の長男に読みました。

    ピーターの飼い犬であるにもかかわらず、どんどん賢くなっていくラルフ・・・。飼い主としては、嬉しい反面、ちょっと複雑かもしれませんね。

    ついにはラルフは自分を人間だと勘違いするまでになってしまいますが、その誤解を解くために家族がとった方法がおもしろいです。

    字が大きくてとても読みやすい本です。

    掲載日:2014/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろかったです

    犬が男の子と思っているからおもしろかったです。

    犬のラルフが、人げんのすることをすぐにまねしちゃうからおもしろかったです。

    ラルフに犬だっておしえるために、みんでよつんばいなるからわらっちゃいました。

    ラルフが学校に行くからすごいと思いました。

    ピーターよりラルフのほうがせいせきがいいのが、おもしろかったです。

    じがかけるからすごいって思いました。

    いつ犬ってわかるのかなあって思いました。

    ぼくもラルフにあってみたいです。

    掲載日:2009/06/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 発想がユニークだと思います

    ラルフに犬であることを教えるために、家族で四つん這いになる場面があり、息子と笑ってしまいました。

    絵が独得なので余計におもしろかったです。

    ラルフの方がピーターよりも学校でよくできるというのは、親としては笑えないかもと思いました。

    ピーターが「きみは犬なんだぞ」と教えた時が切なかったです。

    賢い犬だけに、どんな風に思ったのかなと思うとちょっとかわいそうでもありました。

    ともあれ、ラルフが犬として納得できた理由がおもしろかったです。

    発想がユニークだと思います。

    掲載日:2009/06/23

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おおきなかぶ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット