だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ペンギンかんそくたい」 みんなの声

ペンギンかんそくたい 作:斉藤 洋
絵:高畠 純
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2007年08月
ISBN:9784061981669
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,566
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 素敵な成果を

    ペンギンたんけんたい、不思議な探検隊でした。
    何を調査しているのか、見当もつきません。
    しかし、ペンギンたんけんたいの残した成果は
    素晴らしいものだったのではと感じました。
    うみがめとクジラとタコをお友達にしてくれたこと。
    そして、海で見る星空を教えてくれたこと。
    ペンギンたんけんたいが、そうした狙いがあったのかどうか
    わからない辺りが面白いです。

    掲載日:2013/12/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何を見たかったのか!?

    このお話の主人公はペンギンたちの観測隊だったのですが、はじめは海の生きものを観測していたような気がしたのですが、最後には星を観察していました。この絵本にも出てきた海の生物も絵本の中で言っていたのですが、「いったい何の観測隊なんだ??」とふしぎな感じで終わっていったのが子供にはウケていました。

    掲載日:2013/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 初の潜水艦登場!

    • オーレリーさん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子8歳、男の子1歳

    いつもはカヌー、時々飛行船で、活躍しているペンギンシリーズ。
    今回は初、潜水艦で登場です。
    いいですね〜海好きにはたまりません。

    今回の場所は南の海。出会う動物はウミガメ・クジラ・大ダコでした。

    どんなかんそくをするのかな?と思っていると、やはりそうですか〜と思わず笑みが…。
    星座いいですね。
    しかも海の上からですよ。
    きっと素敵な眺めになったことでしょう。

    シリーズ9作品目。
    続きはあるのかな?長男も私も楽しみに待っています☆

    ちなみに長男は学校の登校する前の、ちょこっと時間や、帰宅後宿題の合間のほっと一息タイムに、こちらのペンギンシリーズを読んでいました。(私は子育ての合間にね)
    斉藤先生、続編期待しています。

    掲載日:2013/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 観測隊って・・・

    ペンギンシリーズを読んでいて、こちらで読み終わるかなと思います。

    どんな場所・どんな相手に出会っても、常にマイペースのペンギン隊に、笑ったり、不思議と和んだりしていました。

    このお話でも、結局は何を観測していたのかは、わからないままなのですが、なぜかそれが許せてしまうんですよね。

    掲載日:2012/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ペンギンたち…

    • かがやきさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、男の子6歳

    うちのお兄ちゃん、最近絵本から児童文庫へ読み物が変わってきました。
    私は、絵本以外あまり子供達と読んでいないのですが、
    この本は、特別!

    先日、斉藤洋先生講演会に家族で参加。
    先生のユーモア溢れるお話しに引き込まれてしまいました。
    それで、こういう本が生み出されるのか…。感動しました。
    お兄ちゃんは、お話しがよくわかったようで、楽しかったと言っていました。
    そのとき、買ってサインしてもらった本です。
    思い入れ強い!

    私も早速読んでみました。
    ペンギンたちのヒョウヒョウとした感じがなんともおもしろい。
    子供達を引き込む面白い話だと思いました。

    斉藤先生のたくさんの本も読んでみたくなりました。

    掲載日:2009/07/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • エンヤラ!ドッコイ

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    最近、息子がはまってるシリーズです。
    毎回50匹のペンギンが何かの目的で歩いていきます。今回は観測隊。
    ペンギンカヌーの潜水艦で登場。50匹のペンギンが並んでいるページが圧巻です。
    息子が数えていました。本当に50匹いました。

    観測隊とは言うものの、亀を記録したり鯨の上にのってみたり・・
    「エンヤラ ドッコイ」の掛け声で予測不明の行動に出ます。
    温かく見守る動物たちのやり取りがいいですね。このお話のスパイスになってると思います。

    水族館や動物園でもペンギンは一匹がどこかに行くと、他の何匹もがついていく光景が見られます。
    高畠さん、そんなペンギンの習性をよく観察して書いたのでしょうか。

    字も大きくお話もコミカルなので、初めての一人読みにちょうどいいと思います。
    息子は長いお話は2回に分けて読んでますが、面白かったのか一気に読みきってました。

    掲載日:2008/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何を観測に?

    息子と私が今はまっているシリーズです。

    たいちょうとふくたいちょうが出てくると、息子はすかさず「ふくふくたいちょう」と言います。

    毎回、行く場所が違うだけで、やっていることは大体同じ。でもそれが安心して読めるみたいで。

    この50羽のペンギンたち。いつもお騒がせというのか、原住民ならぬそこに住んでいる動物たちの心を時に悩ませ、時にざわつかせていくのです。

    先日、高畠純さんのお話を聞くことができて、高畠さんの好きな色は、青と黒と白とおっしゃっていて、今回の本にはその色がふんだんに使われているので、一層興味深く読みました。

    このペンギンたち、怖いものしらずなのか、クジラの背を船代わりに使ってしまうところが、すごいなあと思いました。

    さて、今回は何を観測に?飄々としたペンギンたちの行動が笑いを誘うおもしろいお話です。

    掲載日:2008/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • …だから、何を観測していたんでしょうか?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子12歳、女の子8歳

    言わずと知れた「ペンギンシリーズ」です。
    ちょっと、昔話の「さといもころころ」のようなテンポのつくりになっています。

    高畠さんの絵もコミカルで面白く、繰り返し交わされる合言葉のような会話も、子どもたちには楽しかったようです。
    だから、ペンギンたちがどこからやってきて、何を観測して、どこへ去って行ったのか、全くわからないのですが、その全くわからないところを、読んだ1人1人が空想することで、この本の面白さ、奥行きがさらに広がるのではないでしょうか?

    掲載日:2008/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • うわあ、きれい!!

    カヌーで登場がおなじみのペンギンシリーズ。
    なのに今回の登場は潜水艦。
    乗り物もちょっとずつ変わってきていて、
    そういった微妙な変化が息子大好きですね。
    シリーズを通して読んでいるからなのかもしれませんが^^;

    シリーズで読んでいると、今回はどんな動物が登場するのかなあ?とペンギン以外の登場人物が気になったり、
    最後のオチがどうなるのかなあ?と予想を楽しんだりできるのが、
    このシリーズの面白さかなあ。

    特に今回は、最後の観測しているものがおお!!といった感じで、
    自分でも見てみたい〜。と思ったようです。
    最初は「かんそく」という意味がわからなかったようですが、
    辞書でその言葉を調べ、この本を読んで、息子君もその意味を理解したようです。
    絵本を通して、また1つボキャブラリーが増えたようです。

    掲載日:2008/04/17

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / そらまめくんのベッド / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット